アンダーグラフ/パラダイム

7分で読めます。

明るく前向きで、ふわっとした雰囲気のコード進行です。

主調:B♭の長調

Aメロ

参考音源

コード進行

E♭M7 | E♭M7 | B♭M7 | Gm7 |
Cm7 | B♭M7 | A♭ | F7 |
E♭M7 | E♭M7 | B♭M7 | Gm7 |
Cm7 | B♭M7 | Cm7 F7 | Gm7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 | ⅣM7 | ⅠM7 | Ⅵm7 |
Ⅱm7 | ⅠM7 | ♭Ⅶ | Ⅴ7 |
ⅣM7 | ⅣM7 | ⅠM7 | Ⅵm7 |
Ⅱm7 | ⅠM7 | Ⅱm7 Ⅴ7 | Ⅵm7 |

機能

SD | SD | T | T |
SD | T | (同主短調のSD) | D |
SD | SD | T | T |
SD | T | SD D | T |

分析

ⅣM7→ⅣM7→ⅠM7→Ⅵm7

急にⅣから始まるので緊張感があります。
サブドミナント終止のあとはトニック代理のⅥmなので、まだまだ続く雰囲気です。

Ⅵm7→Ⅱm7

強進行により、コードのつながりはとても強く、とても自然です。

ⅠM7→♭Ⅶ→Ⅴ7

♭Ⅶは、同主短調のサブドミナントであり、メジャーコードなので元気な感じが続きます。

ⅠM7→Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅵm7

トゥーファイブからトニック代理のⅥmに着地するので、終止感はなく、ちょっと暗い雰囲気です。

Bメロ

参考音源

コード進行

E♭M7 | F | Dm | Gm7 |
E♭M7 | Gm7 | Cm7 | F7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅴ | Ⅲm | Ⅵm7 |
ⅣM7 | Ⅵm7 | Ⅱm7 | Ⅴ7 |

機能

SD | D | T | T |
SD | T | SD | D |

分析

ⅣM7→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm7

ヒット曲で定番の王道進行です。
王道進行は、サブドミナントとドミナントの緊張感、偽終止と強進行により、ドラマティックです。

Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7

強進行とトゥーファイブにより、緊張感と雰囲気がサビに向けて盛り上がっています。

サビ

参考音源

コード進行

B♭ | B♭ | F7 | D7 |
Gm7 | Dm7 | A♭M7 | F7 |
B♭ | B♭ | F7 | D7 |
E♭M7 | Dm7 | E♭m | F | E♭M7 |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅰ | Ⅴ7 | Ⅲ7 |
Ⅵm7 | Ⅲm7 | ♭ⅦM7 | Ⅴ7 |
Ⅰ | Ⅰ | Ⅴ7 | Ⅲ7 |
ⅣM7 | Ⅲm7 | Ⅳm | Ⅴ | ⅣM7 |

機能

T | T | D | (Ⅳm7のD) |
T | T | (同主短調のSD) | D |
T | T | D | (Ⅳm7のD) |
SD | T | SD | D | SD |

分析

Ⅲ7→Ⅵm7

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントです。

Ⅲm7→♭ⅦM7→Ⅴ7

トニックからサブドミナントを経てドミナントへ進みます。
♭ⅦM7は、Ⅱmにテンションの短13度を付加したコードと同じ音です。
Ⅶm7-5のルートだけを半音下げたコードでもあります。
スケールからだいぶ離れたコードなので雰囲気が独特ですね。

Ⅲm7→Ⅳm→Ⅴ→ⅣM7

サブドミナントマイナーが織り交ざり、短調と長調が入り混じった雰囲気が生まれています。

Dメロ

参考音源

コード進行

Gm7 | Gm7 | E♭M7 | E♭M7 |
Gm7 | Gm7 | E♭M7 | E♭M7 |
Cm7 | Dm7 | E♭M7 | G♭ |
F | F7 | Fsus4 |

ディグリーネーム

Ⅵm7 | Ⅵm7 | ⅣM7 | ⅣM7 |
Ⅵm7 | Ⅵm7 | ⅣM7 | ⅣM7 |
Ⅱm7 | Ⅲm7 | ⅣM7 | ♭Ⅵ |
Ⅴ | Ⅴ7 | Ⅴsus4 |

機能

T | T | SD | SD |
T | T | SD | SD |
SD | T | SD | (同主短調のSD) |
D | D | D |

分析

Ⅵm7→ⅣM7

トニック代理のⅥm7からサブドミナントのⅣM7へ進行し、重い響きです。

Ⅱm7→Ⅲm7→ⅣM7→♭Ⅵ

コードが駆け上がっていきます。
♭Ⅵは♭Ⅶと共に駆け上がりの進行で多用される、同主短調のコードです。

Ⅴ→Ⅴ7→Ⅴsus4

ドミナントがワンパターンにならないよう、少しずつ変化します。

まとめ

Aメロ、Bメロ、サビ、Dメロで、それぞれらしい緩急が付いています。
様々なテクニックを駆使して、すべてをドラマティックなサビにしてしまうと、起承転結がなくなります。
全体を考えた構成はとても大切です。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。