宇多田ヒカル/travelingのコード進行分析

6分で読めます。

繰り返しのコードによるリズム感が心地良い進行です。

主調:Gの長調

Aメロ

参考音源

コード進行

CM7 | Bm7 | Am7 | GM7 |
CM7 | Bm7 | GM7 | Bm7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅲm7 | Ⅱm7 | ⅠM7 |
ⅣM7 | Ⅲm7 | ⅠM7 | Ⅲm7 |

機能

SD | T | SD | T |
SD | T | T | T |

分析

ⅣM7→Ⅲm7→Ⅱm7→ⅠM7

4和音と代理コードを織り交ぜた、サブドミナント終止による幻想的なコード進行です。
どんどん切り替わっていく感じで、代理コードにより終止感はほとんどありません。

ⅣM7→Ⅲm7→ⅠM7→Ⅲm7

引き続き4和音と代理コードによるサブドミナント終止です。
トニックが連続するので変化は鈍いです。
しかし4和音なので、トニックと代理コードのちょっとした変化でも、とても気持ち良いですね。

Bメロ

参考音源

コード進行

CM7 | D | Bm7/E | Em7 |
CM7 | D | Bm7/E | Em7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅴ | Ⅲm7/Ⅵ | Ⅵm7 |
ⅣM7 | Ⅴ | Ⅲm7/Ⅵ | Ⅵm7 |

機能

SD | D | T/T | T |
SD | D | T/T | T |

分析

ⅣM7→Ⅴ→Ⅲm7/Ⅵ→Ⅵm7

清廉で透き通った雰囲気の王道進行です。
4和音と3和音のドミナントがなせる技です。
また、オンコードのⅢm7/ⅥはⅥ9sus4でもある複雑なコードで、膨らみと暖かさがあります。

サビ

参考音源

コード進行

CM7 D | Em7 D | CM7 D | Bm7/E Em7 D |
CM7 D | Em7 D | CM7 D | Bm7/E Em7 D |

ディグリーネーム

ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅴ | ⅣM7 Ⅴ | Ⅲm7/Ⅵ Ⅵm7 Ⅴ |
ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅴ | ⅣM7 Ⅴ | Ⅲm7/Ⅵ Ⅵm7 Ⅴ |

機能

SD D | T D | SD D | T/T T D |
SD D | T D | SD D | T/T T D |

分析

ⅣM7→Ⅴ→Ⅵm7→Ⅴ

冒頭からサブドミナントとドミナントなので、緊張感が高まります。
そしてここからドミナントが規則的に現れ、繰り返しの気持ちよさが生まれます。

ⅣM7→Ⅴ→Ⅲm7/Ⅵ→Ⅵm7→Ⅴ

冒頭から続くドミナントの繰り返しと、オンコード、王道進行が組み合わさり、ドラマティックです。
4和音の浮遊感と継続するベースラインも心地よいですね。

Dメロ

参考音源

コード進行

CM7 D | Em7 Em7/D | CM7 D | Em7 D |
CM7 D | Em7 Em7/D | CM7 D | Bm7/E E |
CM7 D | Em7 Em7/D | CM7 D | Em7 D |
CM7 D | Em7 Em7/D | CM7 D | Bm7/E Em7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅵm7/Ⅴ | ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅴ |
ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅵm7/Ⅴ | ⅣM7 Ⅴ | Ⅲm7/Ⅵ Ⅵ |
ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅵm7/Ⅴ | ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅴ |
ⅣM7 Ⅴ | Ⅵm7 Ⅵm7/Ⅴ | ⅣM7 Ⅴ | Ⅲm7/Ⅵ Ⅵm7 |

機能

SD D | T T/D | SD D | T D |
SD D | T T/D | SD D | T/T T(トゥーファイブのⅤ) |
SD D | T T/D | SD D | T D |
SD D | T T/D | SD D | T/T T |

分析

ⅣM7→Ⅴ→Ⅵm7→Ⅵm7/Ⅴ

ドミナントが周期的に現れ、コードでリズムが作られています。
Ⅵm7/ⅤはⅥm7の転回形のようなコードで、ベースが独立してⅤに動くのでリズムの流れを乱しません。

ⅣM7→Ⅴ→Ⅲm7/Ⅵ→Ⅵ

王道進行風の劇的な響きです。
Ⅱをトニックとする他調のトゥーファイブ進行が組み込まれており、転調が印象的です。
またⅢm7/ⅥはⅥ9sus4でもあり、複雑な暖かみがあります。

まとめ

一定の周期で同じコードを繰り返すと、コードのリズムが生まれます。
今回はその合間に、感情を揺さぶる王道進行やオンコードが巧みに使われています。
こうした工夫で、コード進行の色合いは様々に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。