東京スカパラダイスオーケストラ/美しく燃える森のコード進行分析

3分で読めます。

甘く優しい響きで、ちょっと切ないコード進行です。

主調:Cの長調

Aメロ/Bメロ/サビ

コード進行

FM7 | E7 | Am7 | D7 |
Dm7 | B♭7 | Am7 | Gm7 C7 |
FM7 | E7 | Am7 | D7 |
Dm7 | B♭7 | Am7 | Gm7 C7 | FM7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅱ7 |
Ⅱm7 | ♭Ⅶ7 | Ⅵm7 | Ⅴm7 Ⅰ7 |
ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅱ7 |
Ⅱm7 | ♭Ⅶ7 | Ⅵm7 | Ⅴm7 Ⅰ7 | ⅣM7 |

機能

SD | (Ⅵm7のD) | T(Ⅱ7のⅡm7) | SD |
SD | SD | T | (Ⅳに対するトゥーファイブ) |
SD | (Ⅵm7のD) | T(Ⅱ7のⅡm7) | SD |
SD | SD | T | (Ⅳに対するトゥーファイブ) | SD |

分析

Ⅲ7→Ⅵm7

Ⅲ7は次のⅥm7に対するセカンダリードミナントです。

Ⅵm7→Ⅱ7→Ⅱm7

セカンダリードミナントとトゥーファイブの合わせ技です。
Ⅱ7はⅤmに対するドミナントですが、今回は解決せずトニック代理のⅥm7に進みます。

♭Ⅶ7→Ⅵm7

裏コードⅣ7がⅢm7を導きます。

Ⅴm7→Ⅰ7→ⅣM7

Ⅳを仮のトニックとした借用のトゥーファイブです。
最後はⅣM7なので、冷たくも洗練された響きです。

まとめ

今回の進行​は、様々な楽曲に組み込まれている、グローヴァー・ワシントン・ジュニアのJust the Two of Usの仲間です。

ⅣM7→Ⅲ7→Ⅵm7→Ⅴm7→I7

セブンスコードとトゥーファイブはまるで魔法のようで、様々なコードを滑らかにつなげます。
またコード進行の響きを都会的に、甘く優しくするので、とっても魅力的なコードの1つですね。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

“東京スカパラダイスオーケストラ/美しく燃える森のコード進行分析” への2件の返信

  1. アバター 名無しのプレイヤー より:

    色々考え方あると思いますが、この曲のKeyはCの方が考えやすいのではないでしょうか?

    プレイヤー目線で申し訳ないのですが、
    FM7 | E7 | Am7 | D7 |
    Dm7 | B♭7 | Am7 | Gm7 C7 |
    ですので
    | Ⅳ△7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅱ7 |
    |Ⅱm7 |Ⅶb7 | Ⅵm7 | Ⅴm7 I7 |
    の方が考えやすいです。soloもCで考えていると思われます。
    もしKey=FだとしたらスケールノートのBbがやはりアボイドっぽく聞こえませんかね??変でしょうか。。

    1. kdm kdm より:

      コメントありがとうございます☺️

      私の方でもメロディを乗せてみたり、
      似たようなコード進行の調を見てみましたが、
      ご意見の通りCメジャーの収まりが良さそうです。

      B♭の音は、コードの構成音に入っているとき以外はきれいに響きません。
      また、アボイドノートのFの音も経過音としては綺麗にはまるタイミングあるのですが、
      基本的にスリリングでした。

      コード進行は修正しておきますので、
      またご意見いただけると嬉しいです🙆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。