相川七瀬/トラブルメイカー

5分で読めます。

攻撃的ですがナイーブな面もあるコード進行です。

Aメロ

主調:Aの短調

参考音源

コード進行

Am | F | G | Am |
Am | F | G | Am |

ディグリーネーム

Ⅰm | ♭Ⅵ | ♭Ⅶ | Ⅰm |
Ⅰm | ♭Ⅵ | ♭Ⅶ | Ⅰm |

機能

T | SD | SD | T |
T | SD | SD | T |

分析

Ⅰm→♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰm
暗く攻撃的な響きです。
小室進行に似ていますが、最後は♭ⅢではなくⅠmなので、暗い世界から抜け切らない感じです。

Bメロ

主調:Aの短調

参考音源

コード進行

C | C | Am | Am |
C | C | Em | Em |
F | F | Dm | Dm |
C | C | Em | Em |
F | F | Dm | Dm |
Am | Am | Am | Am |

ディグリーネーム

♭Ⅲ | ♭Ⅲ | Ⅰm | Ⅰm |
♭Ⅲ | ♭Ⅲ | Ⅴm | Ⅴm |
♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅳm | Ⅳm |
♭Ⅲ | ♭Ⅲ | Ⅴm | Ⅴm |
♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅳm | Ⅳm |
Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm |

機能

T | T | T | T |
T | T | D | D |
SD | SD | SD | SD |
T | T | D | D |
SD | SD | SD | SD |
T | T | T | T |

分析

♭Ⅲ→Ⅰm→♭Ⅲ→Ⅴm

優しくゆったりした雰囲気です。
メジャーコードの♭Ⅲから始まることと、代理コードによりトニックが続き、このような響きになります。
また、代理コードから元のコードに戻るので、反抗心も感じますね。

♭Ⅵ→Ⅳm→Ⅲ→Ⅴm

サブドミナントから始まり、緊張感が少し出てきました。
こちらでも代理コードから元のコードに戻るので、無骨で斜に構えた感じです。

♭Ⅵ→Ⅳm→Ⅰm

サブドミナント終止です。
オチは付けず、決着は先送りです。

参考音源

サビ

主調:Aの長調

コード進行

A | A A/G | D/F# | F |
A | A A/G | D/F# | F | E |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅰ Ⅰ/♭Ⅶ | Ⅳ/Ⅵ | ♭Ⅵ |
Ⅰ | Ⅰ Ⅰ/♭Ⅶ | Ⅳ/Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅴ |

機能

T | T T/SD | SD/T | T |
T | T T/SD | SD/T | T | D |

分析

同主長調に転調してのメジャーコードです。
暗さから抜けきった雰囲気です。

Ⅰ/♭Ⅶ→Ⅳ/Ⅵ→♭Ⅵ

Ⅰ/♭Ⅶはオンコードを利用したセカンダリードミナントのⅠ7で、Ⅳ/Ⅵとなめらかにつながります。
♭Ⅵは同主短調のコードで、長調で使うとギラギラした明るさを生みます。
ベースに注目すると、半音単位で下がり、感情的で生々しい雰囲気ですね。

まとめ

全体を通してストレートな響きで、反抗的な雰囲気がチラりと垣間見えます。
3和音で統一され、代理コードから元のコードへ進むから、ですね。

またギターで同じコードフォームをスライドさせたような進行も豪快で魅力的です。
ギターの演奏が映えるコード進行ですね。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。