PUFFY/愛のしるしのサビでも採用されているコード進行のパターンと分析

2分で読めます。

コード進行

E | F#m | B | A E |
E | F#m | B | A E |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅱm | Ⅴ | Ⅳ Ⅰ |
Ⅰ | Ⅱm | Ⅴ | Ⅳ Ⅰ |

機能

T | SD | D | SD T |
T | SD | D | SD T |

分析

今回はEの長調を基調とし、トゥーファイブ進行が用いられている非常にシンプルなコード進行です。このコード進行でのトゥーファイブ部分は2小節目と3小節目にあたります。ただ、4小節目の前半部分にはⅣが置かれているため、このトゥーファイブはそのままⅠへと至らずⅣを経由します。
「Ⅴ→Ⅰ」とコードが進む際に発生するドミナント終止の解決感は、現在の音楽の根幹を成すものの1つです。しかし、その響きはとても強く感じられるため、場合によっては直接的な進行が回避されたり、ドミナント・コード自体が使用されないこともあります。そういった理由から、ここではドミナント終止より響きの柔らかいサブドミナント終止が用いられていると考えられます。

まとめ

今回のコード進行は、特に複雑なテクニックが用いられていない大変分かりやすいものでした。しかし、コード進行は複雑にすればするほど良いということでもないようです。そのため、今回のように必要な要素のみを残し、それ以外は最初から省略してしまうというのも大切なアプローチのように思えます。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。