aiko/お薬のBメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

2分で読めます。

コード進行

E♭ | A♭ | E♭ | A♭ | G | A♭ B♭ |

ディグリーネーム

♭Ⅲ | ♭Ⅵ | ♭Ⅲ | ♭Ⅵ | Ⅴ | ♭Ⅵ ♭Ⅶ |

機能

T | T | T | T | D | T♭ SD |

分析

今回はCの長調を軸としながら、同主短調のコードがほとんどを占めている不思議な明るさを持つコード進行です。これは、全てのコードがメジャー・コードとなっていることと関係していそうです。
まず、コードは同主短調においてトニックの代理となる♭Ⅲから始まります。Aの短調で考えると、このコードはCにあたります。それから、コードは♭Ⅵへと向かいますが、こちらはAの短調におけるFにあたります。そのため、平行長調においてはサブドミナント終止を繰り返しているとも言えます。
そしてこの2コードによる進行は4小節目まで続き、5小節目以降は「Ⅴ→♭Ⅵ→♭Ⅶ」と進みます。今回のコード進行において長調のダイアトニック・コードとなるのはこのⅤだけで、6小節目からは再び同主短調のコードが連続します。また、ここでは8小節目からではなく、6小節目で区切り良く次のコード進行のブロックへと移るようにデザインされています。

まとめ

今回のコード進行は4小節*2小節という非常に短い構成となっていました。しかし、Aメロが長くなってしまったり、素早くサビに移りたいといった場合にはこういった構成が最適です。
ただ、その際は違和感が無いように、コードチェンジやメロディ、ドラムのリズムの変化に工夫が必要です。例えば、今回のコード進行では「♭Ⅲ→♭Ⅵ」という2小節の変化を繰り返すことで、6小節目で次のコード進行のブロックへと向かう違和感を打ち消しているようです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。