LAST ALLIANCE/疾走のサビでも採用されているコード進行のパターンと分析

3分で読めます。

コード進行

DM7 | C#7 | F#m | B |
D E | A | D E | A |
D C# | F#m E | D E | A |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm | Ⅱ |
Ⅳ Ⅴ | Ⅰ | Ⅳ Ⅴ | Ⅰ |
Ⅳ Ⅲ | Ⅵm Ⅴ | Ⅳ Ⅴ | Ⅰ |

機能

SD | T(Ⅵに対するD) | T(Ⅱに対するD) | Ⅱ |
SD D | T | SD D | T |
SD T(Ⅵに対するD) | T D | SD D | T |

分析

今回はAの長調を主調とした、セカンダリー・ドミナントを絡めたダイアトニック外のコードが登場する、スピード感のあるコード進行です。また、「Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」というオーソドックスなカデンツが頻繁に登場するのも今コード進行の特徴です。
まず、コードは主要和音でサブドミナントのⅣM7から始まり、セカンダリー・ドミナント・コードⅢ7へと下ります。Ⅲ7はⅥに対するドミナントコードで、このコードを受けて3小節目にはⅥmが登場します。
そして、このⅥmはⅡに対する短調でのドミナントであり、「Ⅵm→Ⅱ」というトゥーファイブ進行の起点でもあります。そのため、ここでは4小節目にⅡが登場し、コードが機能的に滑らかに繋がっています。
次に、5~8小節目は基本的なカデンツ「Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」の繰り返しとなっています。こうしたドミナント終止の連続は、コード進行の最後に向けての助走として働く繋ぎとして度々使用されます。
それから9~10小節目では、「Ⅳ→Ⅲ→Ⅵm→Ⅴ」という1~4小節を踏襲したコード進行が登場します。ただ、コードは響きの素直な3和音に、最後のコードは終止感のあるドミナントのⅤに変更されています。こうして、最後の11、12小節目でカデンツ「Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」により、コード進行は終りを迎えます。

まとめ

今回のコード進行では、セカンダリー・ドミナント・コードを起点とした部分転調先でのトゥーファイブ進行が印象的でした。ⅤをⅠとする属調で考えると、「Ⅲ7→Ⅵm→Ⅱ」は「Ⅵ7→Ⅱm→Ⅴ」というトゥーファイブ進行を含んでいることが分かります。
また、「Ⅲ7→Ⅵm→Ⅱ」に良く似た「Ⅲ→Ⅵm→Ⅴ」は終止感が強く、コードの終わり際に適しているようです。こういった複数の調を巻き込んだコード進行の雰囲気は、ダイアトニック・コードのみではなかなか再現することができません。そのため、これらのコード進行もまた覚えておくと役に立つはずです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。