aiko/エナジーのAメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

3分で読めます。

コード進行

A | A | C | C |
G#m7 | G#m7 | C#7sus4 | C#m7 |
A | A | C | C |
G#m7 | G#m7 | C#7sus4 | C#m7 |

ディグリーネーム

Ⅳ | Ⅳ | ♭Ⅵ | ♭Ⅵ |
Ⅲm7 | Ⅲm7 | Ⅵ7sus4 | Ⅵm7 |
Ⅳ | Ⅳ | ♭Ⅵ | ♭Ⅵ |
Ⅲm7 | Ⅲm7 | Ⅵ7sus4 | Ⅵm7 |

機能

SD | SD | T(同主短調の第6のコード) | T(同主短調の第6のコード) |
T | T(Ⅵに対する短調でのD) | T | T |
SD | SD | T(同主短調の第6のコード) | T(同主短調の第6のコード) |
T | T(Ⅵに対する短調でのD) | T | T |

分析

今回はEの長調を主調とした、同主短調の借用コードやsus4が登場するやや感情の動きが激しいコード進行です。
まず、コードは主要和音でサブドミナントのⅣから始まり、同主短調の第6のコード♭Ⅵへと進みます。ちなみに、このコードの動きはペンタトニック・スケールに沿っているとも考えることができ、その響きはややロック寄りです。
次に、5~8小節目でコードは「Ⅲm7→Ⅵ7sus4→Ⅵm7」と進行します。このコードの動きはsus4を交えた短調におけるドミナント終止「Ⅴm7→Ⅰ7sus4→Ⅰm7」そのもので、ドミナントⅤm7の音が保続してⅠ7sus4が生じていると考えることができます。そしてその結果、通常のドミナント終止には無い緊張感が生じつつ、Ⅰm7へと着地していきます。

まとめ

今回のコード進行では、サブドミナントⅣから同主短調のトニック代理の♭Ⅵへの進行や、短調におけるsus4を交えたドミナント終止「Ⅲm7→Ⅵ7sus4→Ⅵm7」が印象的でした。特に、「Ⅳ→♭Ⅵ」は5つの音から構成されロックに由来する様々なジャンルで耳にするペンタトニック・スケールに準じており、元気で攻撃的な響きが特徴的です。
また、sus4を交えたドミナント終止「Ⅲm7→Ⅵ7sus4→Ⅵm7」は暗さを感じさせる感情的な響きがとても個性的です。どちらのテクニックもそこまで複雑ではなく、応用できる場面が多いので、覚えておくと損はなさそうです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。