ClariS/コネクトのサビでも採用されているコード進行のパターンと分析

4分で読めます。

コード進行

BM7 | C# | A#m7 | D#m7 |
BM7 | C# | D#sus4 | D# |
BM7 | C# | A#m7 | D#m7 |
G#m7 | A#m7 | BM7 | C# | BM7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅴ | Ⅲm7 | Ⅵm7 |
ⅣM7 | Ⅴ | Ⅵsus4 | Ⅵ |
ⅣM7 | Ⅴ | Ⅲm7 | Ⅵm7 |
Ⅱm7 | Ⅲm7 | ⅣM7 | Ⅴ | ⅣM7 |

機能

SD(王道進行の起点) | D | T | T |
SD | D | T | T |
SD(王道進行の起点) | D | T | T(Ⅱに対する短調のD) |
SD | T | SD | D | SD |

分析

今回はF#の長調を主調とした、王道進行にsus4が組み込まれたり、最後はサブドミナントで終わりを迎える、ドラマティックで緊張感が残るコード進行です。

まず、1~4小節目では「ⅣM7→Ⅴ→Ⅲm7→Ⅵm7」とコードが進行します。
これはヒット曲で頻繁に採用される王道進行「Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm」そのもので、ここではⅤ以外に7度の音が付加されています。
そのため、Ⅴ7の強烈な不安感は無く、またその他のコードには元のコードに無い透き通るような響きが加わっています。

次に、5~8小節目では「ⅣM7→Ⅴ→Ⅵsus4→Ⅵ」というコード進行が現れます。
こちらも王道進行を踏襲したコード進行となっており、「Ⅲm→Ⅵm」の代わりに「Ⅵsus4→Ⅵ」が置かれています。
sus4やメジャーコードの影響で強く勇敢な響きが加わり、気丈な雰囲気が出ていますね。

それから、9~12小節目は1~4小節目を繰り返します。

その後、13~17小節目では「Ⅱm7→Ⅲm7→ⅣM7→Ⅴ→ⅣM7」というコード進行が登場します。
12小節目のⅥmはⅡに対する短調のドミナントであり、完全4度上(5度下)の関係にあります。
そのため、この最後の13~17小節目への入り方はダイナミックでドラマティックです。

そして、13~17小節目ではⅡm7からⅤまで駆け上がり、最後はⅣM7で終わりを迎えます。
ここでは、コードが駆け上がるということで雰囲気が盛り上がっていきますが、最後はサブドミナントのⅣM7へと着地しています。
そのため、トニックへ着地するという期待感が裏切られ、緊張感が持続し不完全燃焼のまま、終わりどころがはっきりとしない形でエンディングを迎えています。

まとめ

今回のコード進行では、王道進行の2つのパターンと、サブドミナントでの終わりが印象的でした。
また、7度の音を組み込んだ4和音と3和音の音がうまく使い分けられており、全体的に緊張感がありつつも透き通ったサウンドが魅力的です。

最後のコードをトニックとサブドミナントのどちらにするのか、コードを3和音と4和音のどちらにするのか。
これらは楽曲の雰囲気に影響するので、慎重に吟味する必要があります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

“ClariS/コネクトのサビでも採用されているコード進行のパターンと分析” への2件の返信

  1. 匿名 より:

    D#sus4のところF#が主調ならディグリーネームも説明文の最中のところもVIにあたると思うんですがいかがでしょうか

    1. kdm kdm より:

      ありがとうございます!修正させていただきました。
      あらためてコネクト聴きましたが、はかなさと力強さが共存しており、なんだか励まされますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。