aiko/二人のBメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

4分で読めます。

コード進行

G | D/F# | Dm/F | E7 |
CM7 | Bm7 | B7/D# | Em7 G/D |
CM7 | G/B | Am7 | G |
CM7 | G/B | Am Bm | C |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅴ/Ⅶ | Ⅴm/♭Ⅶ | Ⅵ7 |
ⅣM7 | Ⅲm7 | Ⅲ7/♭Ⅵ | Ⅵm7 Ⅰ/Ⅴ |
ⅣM7 | Ⅰ/Ⅲ | Ⅱm7 | Ⅰ |
ⅣM7 | Ⅰ/Ⅲ | Ⅱm Ⅲm | Ⅳ |

機能

T | D/D | D/SD(経過和音、下属調のⅡm7) | T(経過和音、Ⅱに対するD、下属調のⅢ7) |
SD | T | T/T(Ⅵに対するD) | T T/D |
SD | T/T | SD | T |
SD | T/T | SD T | SD |

分析

今回はGの長調を主調とした、優しさや展開感の中に意外性もある、ドラマティックな繋ぎのコード進行です。テクニックとしては、オンコードや下属調への一時転調、そしてセカンダリー・ドミナントが登場します。
まず、1~4小節目では「Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅴm/♭Ⅶ→Ⅵ7」とコードが進行します。ここでは、オンコードによる転回形のⅤ/ⅦやⅤm/♭Ⅶにより、ベースラインが滑らかに下降していきます。
また、Ⅴm/♭ⅦはⅣをⅠとする、下属調の第2のコードⅡm/Ⅳです。そして、Ⅵ7はやや複雑ですが、下属調の平行短調における、和声的短音階に基づくドミナントⅢ7です。Ⅲ7は長調においてドミナントの役割果たすことがあります。このように考えると、ここでは「下属調→平行短調」と連続して2回も転調していることになります。
次に、5~8小節目では「ⅣM7→Ⅲm7→Ⅲ7/♭Ⅵ→Ⅵm7→Ⅰ/Ⅴ」というコード進行が登場します。このうち、Ⅲ7/♭Ⅵは特に特徴的で、コード部分はセカンダリー・ドミナントとなっており、次の小節のⅥm7へと繋がります。
そして、Ⅲ7/♭Ⅵのベース部分の音はダイアトニック・スケールの外にあり、Ⅵm7と半音で接しています。そのため、ベースの面でもⅢ7/♭ⅥはⅥm7へと滑らかに繋がっています。この他、Ⅰ/Ⅴは前後のⅥm7とⅣM7のベースラインを直線的に繋ぎます。
それから、9~12小節目では「ⅣM7→Ⅰ/Ⅲ→Ⅱm7→Ⅰ」という形でコードが進行します。これは、オーソドックスなカデンツの1つ「ⅣM7→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅰ」のⅢm7を、トニックの安心感と安定感がある転回形のⅠ/Ⅲに置き換えた進行です。
その後、13~16小節目では「ⅣM7→Ⅰ/Ⅲ→Ⅱm→Ⅲm→Ⅳ」というコード進行が現れます。これは9~12小節目の後半部分を、展開感のある「Ⅲm→Ⅳ」に置き換えた進行です。こうして、最後はドミナントではなくサブドミナントがコード進行を引っ張り、進行に一区切りが付きます。

まとめ

今回のコード進行では、ダイアトニック外のコードと転回形、オンコードにより、ほぼ全てのベース・ラインが隣り合うように繋がっていました。また、「Ⅴm/♭Ⅶ→Ⅵ7」は下属調とその平行短調への転調を匂わせるカデンツとなっており、非常に優しい響きが生まれています。
その他、「Ⅲm7→Ⅲ7/♭Ⅵ→Ⅵm7」もセカンダリー・ドミナントとオンコードによるベースが上手く絡み合い、優しく穏やかな雰囲気が生まれています。ベースは、和音、リズムの基礎であり、もう1つのメロディでもあります。そしてベースがルート以外の音を奏でるとき、和音の響きはより複雑になり、他の要素と噛み合えば、より魅力的になります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。