レミオロメン/3月9日のBメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

3分で読めます。

コード進行

Dm C | B♭ F |
Dm C | B♭ C F |

ディグリーネーム

Ⅵm Ⅴ | Ⅳ Ⅰ |
Ⅵm Ⅴ | Ⅳ Ⅴ Ⅰ |

機能

T D | SD T |
T(小室進行の起点) D | SD D T |

分析

今回はFの長調を主調とした、暗くシリアスで攻撃的なコード進行です。テクニックとしては、ドミナントからサブドミナントへの進行、改変された小室進行が登場します。
まず、1、2小節目では「Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰ」とコードが進行します。これは、トニック代理のⅥmからドミナントⅤへ向かい、サブドミナントⅣを経てⅠへと落ち着く進行です。ここでは、平行短調のトニックでマイナー・コードでもあるⅥmから始まることで、暗い雰囲気が強調されています。
また、和声の機能を無視するⅤからⅣへの進行があるため、攻撃的・感情的な雰囲気が出ています。その他、「Ⅳ→Ⅰ」というサブドミナント終止が登場し、終止感なしに展開感が強まっています。その上、このサブドミナント終止は「Ⅴ→Ⅳ」の明るく大胆で攻撃的な雰囲気を更に強めているようです。
次に、3、4小節目では「Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」というコード進行が現れます。これは1、2小節の進行にⅤを追加したカデンツで、小室進行「Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」の響きが生まれています。小室進行はヒット曲に多いコード進行の1つで、Ⅵmの暗い雰囲気と、主要和音のはっきりとしたサウンドからくる劇的な響きが印象的なコード進行です。
こうして、最後はドミナントからトニックに着地し、コード進行は一段落します。

まとめ

今回のコード進行では、「Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰ」と「Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ」という、似てはいますが聴いた印象の異なる、2つのカデンツが登場しました。今回はこれらの違いが活かされ、コード進行をひとまとまりに感じることのできる共通性と、意外性が両立しています。共通性と意外性はメロディ、リズム、コードに限らず普遍的な要素なので、常に意識しておく必要があります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。