ClariS/ルミナスのDメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

6分で読めます。

コード進行

CM9 | Cdim | Bm7 | Bm7/E Em7 |
Am7 | Am7/D | F/G | G |
CM9 | Cdim | Bm7 | Bm7/E Em7 |
Am7 | Bm7 | G/C D/C | G/C D/C |
FM7 | A/B B |

ディグリーネーム

ⅣM9 | Ⅳdim | Ⅲm7 | Ⅲm7/Ⅵ Ⅵm7 |
Ⅱm7 | Ⅱm7/Ⅴ | ♭Ⅶ/Ⅰ | Ⅰ |
ⅣM9 | Ⅳdim | Ⅲm7 | Ⅲm7/Ⅵ Ⅵm7 |
Ⅱm7 | Ⅲm7 | Ⅰ/Ⅳ Ⅴ/Ⅳ | Ⅰ/Ⅳ Ⅴ/Ⅳ |
♭ⅦM7 | Ⅱ/Ⅲ Ⅲ |

機能

SD | (経過和音) | T | T/T(平行短調の下属調のⅤ9sus4の異名同和音、Dの代わり) T |
SD | SD/D(Ⅴ9sus4の異名同和音、Dの代わり) | SD/T(同主短調の第7のコード、テンション・コードの♭Ⅶadd9でもある、下属調におけるⅣ/Ⅴ) | T(下属調におけるⅤ) |
SD | (経過和音) | T | T/T(平行短調の下属調のⅤ9sus4の異名同和音、Dの代わり) T |
SD | T | T/SD(Ⅰsus4の異名同和音) D/SD(Ⅴ7の異名同和音) | T/SD D/SD |
SD(Ⅱmの代わり) | SD/T(短3度下の長調のⅣ/Ⅴ) T(短3度下の長調のⅤ) |

分析

今回はGの長調を主調とした、切なげな前向きさを感じる、ドラマティックなコード進行です。テクニックとしては、テンション・コード、経過和音のdim、オンコードと転回形、ドミナントの代わりとなるⅡm7/Ⅴ、同主短調の借用コード♭Ⅶ/Ⅰ、sus4、Ⅱmの代わりとなる♭ⅦM7、短3度下の長調のサブドミナントとドミナントが登場します。
まず、1~4小節目では「ⅣM9→Ⅳdim→Ⅲm7→Ⅲm7/Ⅵ→Ⅵm7」とコードが進行します。ここでは長9度が付加されたテンション・コードⅣM9により、眩しいような響きからコード進行が始まっています。そして、Ⅳdimは次のⅢm7と2つの音が共通し、2つの音が半音で接しています。これにより、コードが強力に接続されています。
また「Ⅲm7→Ⅲm7/Ⅵ→Ⅵm7」は、平行短調Ⅵmの下属調の長調Ⅱにおけるトゥーファイブ進行「Ⅱm7→Ⅴ7」の変化形「Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅴm7」です。このうち、Ⅱm7/Ⅴ(Ⅲm7/Ⅵ)はⅤ9sus4の異名同和音であり、ⅤやⅤm7(Ⅵm7)、トニックへの進行を促します。また、ここではコードが完全4度上(5度下)で進行し、ドラマティックな展開感を生んでいます。
次に、5~8小節目では「Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→♭Ⅶ/Ⅰ→Ⅰ」という進行が現れます。このうち、ⅠはⅡm7/Ⅴのトニックであり、♭Ⅶ/Ⅰを挟みつつ距離を置いてコードが解決しています。そして♭Ⅶ/Ⅰは、暖かく優しい響きが印象的な、同主短調からの借用コードです。
ちなみに、♭Ⅶ/Ⅰは♭Ⅶadd9でもあるため、テンション・コードらしい複雑な響きもあります。一方、♭Ⅶ/ⅠとⅠは下属調におけるⅣ/ⅤとⅤでもあり、仮のトニックにあたるⅣM9を導いています。
それから、9~12小節目は1~4小節目の繰り返しです。そして、13~16小節目は「Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅰ/Ⅳ→Ⅴ/Ⅳ→Ⅰ/Ⅳ→Ⅴ/Ⅳ」とコードが進行します。このうち、Ⅰ/ⅣはⅠsus4、Ⅴ/ⅣはⅤ7の異名同和音です。ただし、ベースがサブドミナントのⅣであり、本来のコードとは異なった不思議な浮遊感があります。
こうして、17、18小節目では「♭ⅦM7→Ⅱ/Ⅲ→Ⅲ」という進行が登場します。このうち、♭ⅦM7はⅡmを内包するコードであり、サブドミナントとして機能します。また、「Ⅱ/Ⅲ→Ⅲ」は短3度下の長調におけるサブドミナントⅣ/ⅤとⅤにあたります。そのため、ここでは転調による意外性が生じつつ、トニックを導く強力な展開感と緊張感が生まれています。
こうして最後は、一時転調を示す「Ⅱ/Ⅲ→Ⅲ」により、他調のトニックが導かれつつ、コード進行が終わりを迎えます。

まとめ

今回のコード進行では、テンション・コードとdimに彩られた「ⅣM9→Ⅳdim→Ⅲm7」や、完全4度上(5度下)の関係を生かした「Ⅲm7→Ⅲm7/Ⅵ→Ⅵm7」が登場しました。また「Ⅱm7/Ⅴ→♭Ⅶ/Ⅰ→Ⅰ→ⅣM9」では、同主短調の♭Ⅶ/Ⅰにより心地良い意外性を伴う転調が生じています。
更にこの転調により、「♭Ⅶ/Ⅰ→Ⅰ→ⅣM9」では下属調のコード進行が綺麗に解決しています。また、「Ⅰ/Ⅳ→Ⅴ/Ⅳ」では厳かな雰囲気を、♭ⅦM7はピリオドのような強烈な節目を、「Ⅱ/Ⅲ→Ⅲ」は転調を伴う強烈な展開感と緊張感を生んでいます。これらのテクニックは、コードを滑らかに繋げたり意外性を生み出したい、様々な場面で役に立つはずです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。