BONNIE PINK/A Perfect Sky

6分で読めます。

爽やかで軽やかですが、力強さもあるコード進行です。

主調:E♭の長調

Aメロ

参考音源

コード進行

E♭ G7 | Cm7 | A♭ E♭ | D♭ B♭7 |
E♭ G7 | Cm7 | A♭ E♭ | Cm7 |

ディグリーネーム

Ⅰ Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅳ Ⅰ | ♭Ⅶ Ⅴ7 |
Ⅰ Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅳ Ⅰ | Ⅵm7 |

機能

T (Ⅵに対するD) | T | SD T | (同主短調のSD) D |
T (Ⅵに対するD) | T | SD T | T |

分析

Ⅰ→Ⅲ7→Ⅵm7

Ⅰから始まって代理のⅢmに進むとき、代わりにⅢ7を使うことがあります。
Ⅲ7はⅥのセカンダリードミナントなので、それぞれのコードは強く結びついています。

Ⅳ→Ⅰ→♭Ⅶ→Ⅴ7

ⅣからⅠのサブドミナント終止の後は、同主短調の♭Ⅶへ進みます。
♭Ⅶは新鮮で爽やかですが、長音階に縛られない荒っぽさもありますね。
また♭ⅦはサブドミナントのⅡmの代理にもなり、サブドミナントとして機能します。

Bメロ

参考音源

コード進行

B | Cm | D♭ | E♭ |

ディグリーネーム

♭Ⅵ | Ⅵm | ♭Ⅶ | Ⅰ |

機能

(同主短調のSD) | T | (同主短調のSD) | T |

分析

♭Ⅵ→Ⅵm→♭Ⅶ→Ⅰ

同主短調のサブドミナントからトニックへの着地を繰り返します。
落ち着いたという感じはなく、何か不安定感が拭えない構成です。

サビ

参考音源

コード進行

A♭ G7 | Cm7 B♭m7 |
A♭ G7 | Cm7 B♭m7 |
A♭ G7 | Cm7 B♭m7 |
A♭ G7 | Cm7 D♭ |

ディグリーネーム

Ⅳ Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
Ⅳ Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
Ⅳ Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
Ⅳ Ⅲ7 | Ⅵm7 ♭Ⅶ |

機能

SD (ⅥmのD) | T (Ⅳに対するトゥーファイブ) |
SD (ⅥmのD) | T (Ⅳに対するトゥーファイブ) |
SD (ⅥmのD) | T (Ⅳに対するトゥーファイブ) |
SD (ⅥmのD) | T (同主短調のSD) |

分析

Ⅴm7→Ⅳ

Ⅳのセカンダリードミナントとトゥーファイブの合わせ技です。
ⅣをⅠと考えると、Ⅴm7はⅡm7となり、Ⅰ7がドミナントとなります。
ただし、今回はⅠ7が省略されていますね。

Ⅵm7→♭Ⅶ

♭Ⅶは、ⅣをⅠとした場合のサブドミナントです。
Ⅴm7はⅣをⅠとしたは場合のⅡm7なので、Ⅴm7が繰り返された結果、違和感なく響きます。
その上で、Ⅴm7と交代で使われており、雰囲気が変わる合図となっていますね。

Dメロ

参考音源

コード進行

A♭M7 G7 | Cm7 B♭m7 E♭7 |
A♭M7 G7 | Cm7 B♭m7 E♭7 |
A♭M7 G7 | Cm7 B♭m7 E♭7 |
A♭M7 G7 | D♭add9 | D♭add9 | A♭M7 |

ディグリーネーム

ⅣM7 Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 Ⅰ7 |
ⅣM7 Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 Ⅰ7 |
ⅣM7 Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 Ⅰ7 |
ⅣM7 Ⅲ7 | ♭Ⅶadd9 | ♭Ⅶadd9 | ⅣM7 |

機能

SD (Ⅵmに対するD) | T (Ⅳに対するトゥーファイブ) |
SD (Ⅵmに対するD) | T (Ⅳに対するトゥーファイブ) |
SD (Ⅵmに対するD) | T (Ⅳに対するトゥーファイブ) |

SD (Ⅵmに対するD) | (同主短調のSD) | (同主短調のSD) | SD |

分析

Ⅲ7→Ⅵm7

Ⅶ7はⅢm7のセカンダリードミナントですね。

Ⅴm7→Ⅰ7

ⅣをⅠとした時のセカンダリードミナントとトゥーファイブです。

♭Ⅶadd9→ⅣM7

♭Ⅶadd9はテンションのおかげで眩しくキラキラした響きです。
また、Ⅳのセカンダリードミナントは♭Ⅶ7なので、強進行が成立しています。

まとめ

セカンダリードミナント、同主短調、トゥーファイブは、J-POPでは定番のテクニックです。
その中で、今回のコード進行はダイアトニックコードとそうでないコードのバランスが絶妙です。
そのおかげで、大人し過ぎず、かといってまとまり過ぎていない、耳に残る響きが生まれています。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。