B’z/HOME

6分で読めます。

切なく情熱的でロックの雰囲気のコード進行です。

Aメロ

主調:Gの長調

参考音源

コード進行

G Bm | C D | G Bm | C |
G Bm | C D | G Bm | Am |

ディグリーネーム

Ⅰ Ⅲm | Ⅳ Ⅴ | Ⅰ Ⅲm | Ⅳ |
Ⅰ Ⅲm | Ⅳ Ⅴ | Ⅰ Ⅲm | Ⅱm |

機能

T T | SD D | T T | SD |
T T | SD D | T T | SD |

分析

Ⅰ→Ⅲm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ

代理コードを活用したドミナント終止です。
コードが次々に変わる展開感と3和音による力強い響きが魅力的です。

Ⅰ→Ⅲm→Ⅳ→Ⅰ

サブドミナント終止により、終わらずグイグイ進む感じです。

Ⅰ→Ⅲm→Ⅱm

今度はⅣの代わりにサブドミナント代理のⅡmが登場しました。
次の展開を予感させます。

Bメロ

主調:Bの長調

参考音源

コード進行

Bm E | Bm E |
C#m F# | C#m F# |
G A | B |

ディグリーネーム

Ⅰm Ⅳ | Ⅰm Ⅳ |
Ⅱm Ⅴ | Ⅱm Ⅴ |
♭Ⅵ ♭Ⅶ | Ⅰ |

機能

T SD | T SD |
SD(トゥーファイブ) D | SD(トゥーファイブ) D |
SD(同主短調) SD(同主短調) | T |

分析

Ⅰm→Ⅳ

トゥーファイブを匂わせる、強進行による力強い響きです。
このコード進行は、AメロのGの長調において次のようになります。

Ⅲm→Ⅵ

2つの調それぞれが自分のコードを半分ずつ持っています。
こうしてお互いが混ざり合い、強進行による長3度の転調が成立しています。

Ⅱm→Ⅴ

引き続き力強い響きです。
トゥーファイブが連続し、転調による新鮮さが目立ちます。

♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰ

メジャーコードが連続する、異質な明るさのコード進行です。
同主短調のコードを利用しているので、この雰囲気は1つの調では表現できません。

サビ

主調:Gの長調

参考音源

コード進行

C D | Bm Em | Am Bm | C D |
C D | Bm Em | F C | Em Bm | C |

ディグリーネーム

Ⅳ Ⅴ | Ⅲm Ⅵm | Ⅱm Ⅲm | Ⅳ Ⅴ |
Ⅳ Ⅴ | Ⅲm Ⅵm | ♭Ⅶ Ⅳ | Ⅵm Ⅲm | Ⅳ |

機能

SD D | T T | SD T | SD D |
SD D | T T | SD SD | T T | SD |

分析

Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm

王道進行により、思いが爆発したような雰囲気が広がります。

Ⅵm→Ⅱm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅴ

強進行によりⅥmとⅡmが滑らかにつながりつつ、コードはドミナントまで上昇していきます。
コードと共に気持ちも盛り上がりますね。

♭Ⅶ→Ⅳ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ

同主短調のコード♭Ⅶが突然出てくるのでドキッとする進行です。
更に、5度の上昇が2回繰り返され、安定したコードに落ち着きたいという、おあずけの雰囲気が続きます。
しかし、最後はサブドミナントで終わります。
煮え切らない、ワイルドな余韻です。

Dメロ

主調:Gの長調

参考音源

コード進行

C | D | Bm | Em |
C | D | Bm | Em |
C | D | Bm | Em |
C | D | Bm | Em |

ディグリーネーム

Ⅳ | Ⅴ | Ⅲm | Ⅵm |
Ⅳ | Ⅴ | Ⅲm | Ⅵm |
Ⅳ | Ⅴ | Ⅲm | Ⅵm |
Ⅳ | Ⅴ | Ⅲm | Ⅵm |

機能

SD | D | T | T |
SD | D | T | T |
SD | D | T | T |
SD | D | T | T |

分析

Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm

王道進行の繰り返しです。
王道進行は展開感のあるⅣから緊張感のあるⅤへ進み、Ⅲmにより終止感の弱い偽終止が成立します。
そして短調のドミナントでもあるⅢmがドラマティックにⅥmを導きます。

まとめ

ここぞというときの王道進行は、聞いていてとても気持ち良いですね。
そんな最中、随所でサブドミナントや同主短調、そして転調が効果的に使われています。
その結果、切なく情熱的なロックの雰囲気が生まれています。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。