CHEMISTRY/PIECES OF A DREAM

7分で読めます。

フワフワしていますが緊張感の絶えないコード進行です。

主調:Dの長調

Aメロ

参考音源

コード進行

DM7 | C♯m7 | C6 | Bm7 Am7 |
GM7 | F♯m7 | Em7 | A7 |

ディグリーネーム

ⅠM7 | Ⅶm7 | ♭Ⅶ6 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
ⅣM7 | Ⅲm7 | Ⅱm7 | Ⅴ7 |

機能

T | SD | D(ドミナントマイナーの代理) | T D |
SD | T | SD | D |

分析

ⅠM7→Ⅶm7

Ⅶm7-5の代わりにⅦm7です。
近親調の下属調の「ⅣM7→Ⅲm7」と同じコード進行になるので、転調して不思議な浮遊感です。

♭Ⅶ6→Ⅵm7→Ⅴm7

♭Ⅶ6はⅤm7と異名同音のコードです。
雰囲気は維持しつつも変化があるので良いですね。

Ⅴm7→ⅣM7

Ⅴm7を仮のⅡm7とするとトゥーファイブ進行です。
ドミナントのⅤ7にあたるⅠ7が省略されているということですね。

Ⅱm7→Ⅴ7

基本のトゥーファイブです。
ダイアトニックコードなのでとても素直な響きです。

Bメロ

参考音源

コード進行

GM7 | F♯7 | Bm7 | E7 |
Em7 | GM7 | F♯m7 B7 | Em7 Em7/A |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅱ7 |
Ⅱm7 | ⅣM7 | Ⅲm7 Ⅵ7 | Ⅱm7 Ⅱm7/Ⅴ |

機能

SD | (Ⅵm7のD) | T | (ⅤのD) |
SD | SD | T T(Ⅱm7のD) | SD SD/D |

分析

ⅣM7→Ⅲ7→Ⅵm7→Ⅱ7→Ⅱm7

セカンダリードミナントと強進行によりコードが強くつながっています。
Ⅱ7もセカンダリードミナントですが、トニックには戻らず、Ⅱm7に落ち着いています。

Ⅲm7→Ⅵ7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ

またまたセカンダリードミナントの登場です。
Ⅴ9sus4という曖昧で複雑な響きのⅡm7/Ⅴも使われており、豊かな響きに惹かれますね。

サビ

参考音源

コード進行

DM7 | C♯m7 | C6 | Bm7 Am7 |
GM7 | F♯m7 | Em7 | A7 |
DM7 | C♯m7 | C6 | Bm7 Am7 |
GM7 | G♯m7-5 | Em7 | A7 |
DM7 |

ディグリーネーム

ⅠM7 | Ⅶm7 | ♭Ⅶ6 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
ⅣM7 | Ⅲm7 | Ⅱm7 | Ⅴ7 |
ⅠM7 | Ⅶm7 | ♭Ⅶ6 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
ⅣM7 | ♯Ⅳm7-5 | Ⅱm7 | Ⅴ7 |
ⅠM7 |

機能

T | SD | D | T D |
SD | T | SD | D |
T | SD | D | T D |
SD | T | SD | D |
T |

分析

ⅣM7→♯Ⅳm7-5→Ⅱm7

♯Ⅳm7-5はⅣM7のルート音をちょうど半音上げたコードです。
Ⅵmと同じ音を持つのでトニックの代理コードとして働きます。
裏切られた感のある切ない雰囲気がいいですね。

Dメロ

参考音源

コード進行

GM7 | F♯7 | Bm7 | D7/C F♯7 |
GM7 | F♯7 | Bm7 Am7 | D7 F♯7 |
GM7 | F♯7 | Bm7 | E7 F♯m7 |
Em7 | GM7 | F♯m7 B7 | Em7 Em7/A |

ディグリーネーム

ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅰ7/♭Ⅶ Ⅲ7 |
ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 | Ⅰ7 Ⅲ7 |
ⅣM7 | Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅱ7 Ⅲm7 |
Ⅱm7 | ⅣM7 | Ⅲm7 Ⅵ7 | Ⅱm7 Ⅱm7/Ⅴ |

機能

SD | (ⅥのD) | T | (ⅣのD) (ⅥのD) |
SD | (ⅥのD) | D | (トゥーファイブのⅤ7) (ⅥのD) |
SD | (ⅥのD) | T | SD T |
SD | SD | T T(ⅡのD) | SD SD/D |

分析

Ⅴm7→Ⅰ7

やっとⅤm7とⅠ7によるトゥーファイブが出てきました。

Ⅵm7→Ⅱ7→Ⅲm7

今度はⅥm7を使った属調のトゥーファイブと、セカンダリードミナントからの偽終止です。
Ⅱ7のトニックはⅤですが、同じ音を持つⅢm7が使われています。
転調していますがもう少し続く雰囲気です。

まとめ

他調を感じさせるコードが多数登場しました。
そのおかげで、ときにはフワフワで、ときにはコードが強く結びついてドキドキする雰囲気でした。
この雰囲気の違いはドミナントの使い方で変わります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。