CHEMISTRY/SOLID DREAM

8分で読めます。

複雑で、暖かみと人間味のあるコード進行です。

主調:Aの長調

Aメロ

参考音源

コード進行

A | E/G♯ C♯7 | C6 | F♯m7 Em7 |
DM7 | C♯aug C♯7 | F♯m7 | Bm7 Bm7/E |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅴ/Ⅶ Ⅲ7 | ♭Ⅲ6 | Ⅵm7 Ⅴm7 |
ⅣM7 | Ⅲaug Ⅲ7 | Ⅵm7 | Ⅱm7 Ⅱm7/Ⅴ |

機能

T | D/SD (♭ⅢのD) | (同主短調) | T (同主短調) |
SD | (オーギュメント) (ⅥのD) | T | SD SD/D |

分析

Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅲ7

Aメロの始まりということで素直にⅠから始まります。
オンコードにより、Ⅴ/Ⅶまでベースが滑らかに下降します。
また、Ⅲ7をⅤ7と考えると、Ⅴ/ⅦのベースはⅡmのルートです。
トゥーファイブ進行風ということですね。

Ⅲ7→♭Ⅲ6

ドミナントⅤ/Ⅶの行く先は、トニック代理のⅢmを変化させたⅢ7です。
そのⅢ7は、裏コードとして次に半音下の♭Ⅲ6を導きます。
♭Ⅲ6は、Ⅰm7と同じ構成音で、暗くはないけど少し後ろめたいような複雑な響きです。

Ⅴm7→ⅣM7

ⅣM7をトニックのⅠとする、セカンダリードミナントとトゥーファイブの応用形です。
Ⅴm7はⅤm7→Ⅰ7→ⅣM7(Ⅱm7→Ⅴ7→ⅠM7)の部品の1つです。

ⅣM7→Ⅲaug→Ⅲ7

オーギュメントをつなぎとして、構成音が順順に下がっていきます。
ⅣM7からⅢaugにかけては、第5音が維持されたままルートと第3音が半音下がります。
ⅢaugからⅢ7にかけては、第5音が半音下がります。

Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ

強進行とトゥーファイブの応用です。
Ⅵm7→Ⅱm7は強進行なので力強く音がつながります。
Ⅱm7/Ⅴはトゥーファイブがくっついたようなコードで、Ⅴ9sus4と同じ構成音です。
曖昧で暖かみのあるドミナントですね。

Bメロ

コード進行

D♯m7-5 | E |
C♯aug C♯7 | F♯m7 Em7 A7 |
G | C♯aug |
E | E |

ディグリーネーム

Ⅶm7-5 | Ⅰ |
Ⅵaug Ⅵ7 | Ⅱm7 Ⅰm7 Ⅳ7 |
♭Ⅶ | Ⅵaug |
Ⅰ | Ⅰ |

機能

D | T |
(オーギュメント) (Ⅱm7のD) | SD (同主短調のT) (♭ⅦのD) |
SD | aug(ここまで転調) |
T | T |

分析

Ⅶm7-5→Ⅰ

不安定なⅦm7-5から始まり、トニックのⅠに進むので、Aメロと比べると雰囲気は暗めです。

Ⅵaug→Ⅵ7→Ⅱm7→Ⅰm7→Ⅳ7

Ⅵaugは、Ⅵ7と共通の音を2つ持つコードです。
Ⅶm7-5の次はオーギュメントから始まるので、Bメロは意外性の宝庫です。

Ⅵ7→Ⅱm7→Ⅰm7→Ⅳ7

Ⅵ7はⅡm7を導くセカンダリードミナントです。
セカンダリードミナントを境に、ここから部分転調します。
転調先は♭ⅦをⅠとする長調です。
コードを置き換えると次のようになります。

Ⅶ7→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅴ7

転調先でトゥーファイブが成立していますね。

♭Ⅶ→Ⅵaug→Ⅰ

セカンダリードミナントのⅣ7が♭Ⅶと強く結びつきます。
Ⅵaugは構成音が前後のコードと半音で接する、つなぎのコードです。

サビ

コード進行

A | C♯m7/G♯ C♯7 | D | F♯m7 Em7 |
Dm | C♯aug Bm7-5 | A/C♯ F♯m7 | Bm7 E | A |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅲm7/Ⅶ Ⅲ7 | Ⅳ | Ⅵm7 Ⅴm7 |
Ⅳm | Ⅲaug Ⅱm7-5 | Ⅰ/Ⅲ Ⅵm7 | Ⅱm7 Ⅴ | Ⅰ |

機能

T | T/SD T | SD(ⅥmのD) | T (ⅣmのD) |
SD | T SD | T/T T | SD D | T |

分析

Ⅰ→Ⅲm7/Ⅶ→Ⅲ7→Ⅳ

Aメロ冒頭の変化形です。
トニックからトニック代理に進むので、緊張感は弱めです。
またセカンダリードミナントのⅢ7は解決しないので、まだまだ続く感じです。

Ⅴm7→Ⅳm

サブドミナントマイナーのⅣmをトニックのⅠとする、トゥーファイブの応用形です。

Ⅳm→Ⅲaug→Ⅱm7-5

ベースが下がっていく雰囲気の滑らかな進行です。
Ⅳmのベースを半音下げるとⅢaugです。
Ⅱm7-5はⅣmの音を含む、Ⅳmの代理コードです。
2つのコードの関係は、Ⅱm7とⅣの関係と同じです。

Ⅰ/Ⅲ→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ→Ⅰ

定番の「Ⅰ→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ」にオンコードを合わせた進行です。
オンコードは本当にさまざまな場所で使われますね。

Dメロ

コード進行

D♯m7-5 | E |
C♯7 | F♯m7 Em7 A7 |
D | C♯7-9 |
E | E | Fsus4 F |

ディグリーネーム

♭Ⅴm7-5 | Ⅴ |
Ⅲ7 | Ⅵm7 Ⅴm7 Ⅰ7 |
Ⅳ | Ⅲ7-9 |
Ⅴ | Ⅴ | ♭Ⅵsus4 ♭Ⅵ |

機能

(Ⅵmの代理) | D |
T(Ⅵm7のD) | T (Ⅳのトゥーファイブ) |
SD | T(ⅥのD) |
D | D | (半音上がる) |

分析

♭Ⅴm7-5→Ⅴ

♭Ⅴm7-5は、ⅣM7のベースを半音上げたコードです。ベースが半音上がると、長3度は短3度、完全5度は減5度、長7度は短7度になりますね。
また♭Ⅴm7-5はトニックのⅥm7を含んでいるので、トニック代理です。

Ⅴm7→Ⅰ7→Ⅳ

トゥーファイブとセカンダリードミナントの組み合わせです。
ようやくⅠ7が登場しました。

Ⅳ→Ⅲ7-9→Ⅴ

Ⅲ7-9はⅣとⅤの繋ぎで、コードの音が順に下がっていきます。

Ⅴ→♭Ⅵsus4→♭Ⅵ

半音上がる一時転調です。
雰囲気が更に盛り上がりますね。

まとめ

今回は、前後のコードがさまざまな方法で滑らかにつなげられていました。
またコードの雰囲気や響きの可能性を広げる転調も現れましたね。

さらに、テクニックの組み合わせも面白いです。
例えば、Ⅲ7は前半部分では裏コードとして、後半部分ではセカンダリードミナントとして使われました。

個性的なコード進行を考えるなら、どのテクニックや考え方も欠かせません。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。