DA PUMP/Crazy Beat Goes On!

5分で読めます。

少し浮ついた感じの明るいコード進行です。

主調:Aの長調

Aメロ

参考音源

コード進行

A | A | FM7/G | FM7/G |
A | A | FM7/G | FM7/G |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅰ | ♭ⅥM7/♭Ⅶ | ♭ⅥM7/♭Ⅶ |
Ⅰ | Ⅰ | ♭ⅥM7/♭Ⅶ | ♭ⅥM7/♭Ⅶ |

機能

T | T | SD | SD |
T | T | SD | SD |

分析

Ⅰ→♭ⅥM7/♭Ⅶ

同主短調とオンコードの組み合わせです。
♭ⅥM7は同主短調の6番目のコードで、サブドミナントです。
そのベースは長9度上なので、冷たいような温かいような不安定な響きです。

全体を通して、2種類のコードによる気持ち良い反復感がありますね。

Bメロ

参考音源

コード進行

F♯m7 | F♯m7 | Bm7 | E7sus4 E7 |
C♯m7 | F♯m7 | B7/D♯ | D/E E |

ディグリーネーム

Ⅵm7 | Ⅵm7 | Ⅱm7 | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |
Ⅲm7 | Ⅵm7 | Ⅱ7/#Ⅳ | Ⅳ/Ⅴ Ⅴ |

機能

T | T | SD | D D |
T | T | SD(ⅤのD) | SD/D D |

分析

Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7sus4→Ⅴ7

強進行とトゥーファイブによりドラマティックにグングン進んでいきます。
長3度に戻ろうとするsus4の勇敢な響きも良いですね。

Ⅲm7→Ⅵm7→Ⅱ7/#Ⅳ→Ⅳ/Ⅴ

強進行のラッシュやセカンダリードミナントとオンコードにより、さらにドラマティックな展開です。

Ⅱ7/#Ⅳ→Ⅳ/Ⅴ→Ⅴ

Ⅱ7/#ⅣはⅤのセカンダリードミナントで、Ⅳ/Ⅴはドミナントとサブドミナントの間の子のコードです。
オンコードによるベースの移動もあり、とにかく力強く滑らかにつながります。

サビ

参考音源

コード進行

A | A | A7/G | A7/G |
DM7 | DM7 | Bm7 | E |
A | A | A7/G | A7/G |
DM7 | DM7 | FM7 | G | AM7 |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅰ | Ⅰ7/Ⅴ | Ⅰ7/Ⅴ |
ⅣM7 | ⅣM7 | Ⅱm7 | Ⅴ |
Ⅰ | Ⅰ | Ⅰ7/Ⅴ | Ⅰ7/Ⅴ |
ⅣM7 | ⅣM7 | ♭ⅥM7 | ♭Ⅶ | ⅠM7 |

機能

T | T | T/D | T/D |
SD | SD | SD | D |
T | T | T/D | T/D |
SD | SD | SD | SD | T |

分析

Ⅰ→Ⅰ7/Ⅴ→ⅣM7

Ⅰ7/ⅤはⅣM7のセカンダリードミナントです。
ベースはⅤなので、ドミナントの緊張感も匂わせていますね。

♭ⅥM7→♭Ⅶ→ⅠM7

平行短調の6番目、7番目のコードからトニックに戻ります。
転調しながらメジャーコードが連続するので、新鮮で明るい響きです。

まとめ

全体的に素直なドミナント終止が少なく、ふわふわした雰囲気です。
ただ、4和音やテンションにより、ときたま緊張感が顔を出します。

この雰囲気は、一時転調を感じさせる他調の代理コードの影響も受けています。
また、ダイアトニックコードにないメジャーコードが多いので、軽快な感じもしますね。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。