DA PUMP/if…

7分で読めます。

シリアスで切実なコード進行です。

主調:C♯の短調

Aメロ

参考音源

コード進行

C♯m | G♯m7 | A B | C♯m |
A | G♯m7 | F♯7 | G7♯sus4 G♯7 |
C♯m | G♯m7 | A B | C♯m |
A | G♯m7 | F♯7 | G♯7sus4 G♯7 |

ディグリーネーム

Ⅰm | Ⅴm7 | ♭Ⅵ ♭Ⅶ | Ⅰm |
♭Ⅵ | Ⅴm7 | Ⅳ7 | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |
Ⅰm | Ⅴm7 | ♭Ⅵ ♭Ⅶ | Ⅰm |
♭Ⅵ | Ⅴm7 | Ⅳ7 | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |

機能

T | D | SD SD | T |
T | D | SD(旋律的短音階) | D D |
T | D | SD SD | T |
T | D | SD(旋律的短音階) | D D |

分析

Ⅰm→Ⅴm7→♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰm

トニックのⅠmからドミナントのⅤm7へ進み、上昇してⅠmに戻ります。
それぞれのコードは機能が互い違いなので、変化が激しくテンポが良いですね。
また勇ましくヒロイックな雰囲気です。

♭Ⅵ→Ⅴm7→Ⅳ7→Ⅴ7sus4→Ⅴ7

区切りにドミナントがいるのでテンポよく進みます。
Ⅴ7sus4の響きも勇ましく、和声的短音階のⅤ7は力強いですね。

Bメロ

参考音源

コード進行

A | A | G♯m7 | G♯m7 |
A | A | F♯7 Gdim | G♯7 |
A | A | G♯m7 | G♯m7 |
A | A | F♯7 Gdim | G♯7 |

ディグリーネーム

♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅴm7 | Ⅴm7 |
♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅳ7 ♭Ⅴdim(ⅤのD) | Ⅴ7 |
♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅴm7 | Ⅴm7 |
♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅳ7 ♭Ⅴdim(ⅤのD) | Ⅴ7 |

機能

T | T | D | D |
T | T | SD D | D |
T | T | D | D |
T | T | SD D | D |

分析

♭Ⅵ→Ⅴm7

Aメロとは打って変わって、伸びのあるゆったりとした進行です。
Ⅴ7ではないので不安定さはありません。

Ⅳ7→♭Ⅴdim→Ⅴ7

Ⅳ7と♭Ⅴdimの構成音は、ルート音が半音異なるのみです。
こういった進行はよくあり、つながりはとてもスムーズです。
また、♭ⅤdimはⅤ7のドミナントとして機能するパッシングディミニッシュです。

緩やかな前半と、熱を帯びていく後半のギャップが気持ち良いですね。

サビ

参考音源

コード進行

C♯m | G♯m7 | A B | E |
A | G♯m7 | F♯7 Gdim | G♯7sus4 G♯7 |
C♯m | G♯m7 | A B | E |
A | G♯m7 | F♯7 Gdim | G♯7sus4 G♯7 |
Cm♯ |

ディグリーネーム

Ⅰm | Ⅴm7 | ♭Ⅵ ♭Ⅶ | ♭Ⅲ |
♭Ⅵ | Ⅴm7 | Ⅳ7 ♭Ⅴdim | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |
Ⅰm | Ⅴm7 | ♭Ⅵ ♭Ⅶ | ♭Ⅲ |
♭Ⅵ | Ⅴm7 | Ⅳ7 ♭Ⅴdim | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |
Ⅰm |

機能

T | D | SD SD | T |
SD | D | SD (ⅤのD) | D D |
T | D | SD SD | T |
SD | D | SD (ⅤのD) | D D |
T |

分析

Ⅰm→Ⅴm7→♭Ⅵ→♭Ⅶ→♭Ⅲ→♭Ⅵ

Aメロと同じような進行ですが、♭Ⅲが登場します。
♭Ⅲと♭Ⅵは強進行の関係にあるので、コードはより力強く進みます。

Dメロ

参考音源

コード進行

C#m | C#m | C#m | C#m |
C#m | C#m | C#m | C#m |
C#m | C#m | F#7 Gdim | G#7sus4 G#7 |

ディグリーネーム

Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm |
Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm |
Ⅰm | Ⅰm | Ⅳ7 ♭Ⅴdim | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |

機能

T | T | T | T |
T | T | T | T |
T | T | SD (ⅤのD) | D D |

分析

Ⅰm

Ⅰmが繰り返されることで、リズムやメロディの抑揚に注目がいきます。
ラップが活躍できる場となりました。

まとめ

つかみが十分なAメロと、緊張感が解かれつつも徐々に盛り上がっていくBメロ。
力強くダイナミックなサビと、コードの役割を省略したDメロ。
それぞれが組み合わさり、緩急のある構成ができていました。
メリハリは、コードの進行にリズムと強弱を生むのでとても大切です。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。