KAN/愛は勝つのコード進行分析

4分で読めます。

とにかく厳かで感動的なコード進行です。

Aメロ

参考音源

コード進行

主調:Dの長調

D | A/C♯ | Bm | F♯m |
G | D/F♯ | Em7 | Em7/A A7 |
D | A/C♯ | Bm | F♯m |
G | D/F♯ | Em7 | Em7/A A7 |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅴ/Ⅶ | Ⅵm | Ⅲm |
Ⅳ | Ⅰ/Ⅲ | Ⅱm7 | Ⅱm7/Ⅴ Ⅴ7 |
Ⅰ | Ⅴ/Ⅶ | Ⅵm | Ⅲm |
Ⅳ | Ⅰ/Ⅲ | Ⅱm7 | Ⅱm7/Ⅴ Ⅴ7 |

機能

T | D/SD | T | T |
SD | T/T | SD | SD/D D |
T | D/SD | T | T |
SD | T/T | SD | SD/D D |

分析

Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅰ/Ⅲ→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴ→Ⅴ7

オンコードと代理コード、トゥーファイブを合わせたカノン進行です。
カノン進行は次の形が基本形です。

Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ

今回の進行は、オンコードによりベースが滑らかにつながって生まれる、柔らかい響きがいいですね。
Ⅰ/Ⅲは軸がずれて少し転びそうながらも優しい響きです。
ドミナントとして機能するⅡm7/Ⅴも曖昧ですが優しさに包まれるようです。

Bメロ

参考音源

コード進行

主調:Bの長調

B | F♯/A♯ | G♯m | B/F♯ F♯ |
EM7 | B/D♯ | C♯7 | F♯7sus4 F♯7 |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅴ/Ⅶ | Ⅵm | Ⅰ/Ⅴ Ⅴ |
ⅣM7 | Ⅰ/Ⅲ | Ⅱ7 | Ⅴ7sus4 Ⅴ7 |

機能

T | D/SD | T | T/D D |
SD | T/T | SD(ⅤのD) | D D |

分析

Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ→Ⅵm→Ⅰ/Ⅴ→Ⅴ→ⅣM7→Ⅰ/Ⅲ→Ⅱ7→Ⅴ7sus4→Ⅴ7

区切りを意識したカノン進行です。

Ⅰ/Ⅴ→Ⅴ→ⅣM7

合間にドミナントが入ることで、ちょっと急ぐようなスピード感が出ていますね。

Ⅱ7→Ⅴ7sus4→Ⅴ7

セカンダリードミナントからのsus4です。
ちょっと勇気を振り絞った感じです。

まとめ

転調を交えて2種類のカノン進行が登場しました。
カノン進行は色々と工夫することで、感動的なコードの世界をどんどん広げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。