L’Arc~en~Ciel/READY STEADY GOのコード進行分析

3分で読めます。

明るくストレートで力強く、爽やかなコード進行です。

主調:A♭の長調

Aメロ

参考音源

コード進行

A♭ | A♭ | A♭/G♭ | A♭/G♭ |
D♭ | D♭ | E♭ | E♭ |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅰ | Ⅰ/♭Ⅶ | Ⅰ/♭Ⅶ |
Ⅳ | Ⅳ | Ⅴ | Ⅴ |

機能

T | T | T/SD(ⅣのD) | T/SD(ⅣのD) |
SD | SD | D | D |

分析

Ⅰ→Ⅰ/♭Ⅶ→Ⅳ

オンコードとセカンダリードミナントを組み合わせた進行です。
Ⅰ/♭ⅦはⅣに対するセカンダリードミナントのⅠ7でもあるので、コードの流れが滑らかです。

サビ

参考音源

コード進行

C# | C# | Cm | Fm | C# | D# | G# | G# |
C# | C# | Cm | Fm | A#m | D# | G# | G# |

ディグリーネーム
Ⅳ | Ⅳ | Ⅲm | Ⅵm | Ⅳ | Ⅴ | Ⅰ | Ⅰ |
Ⅳ | Ⅳ | Ⅲm | Ⅵm | Ⅱm | Ⅴ | Ⅰ | Ⅰ |

機能
SD | SD | T | T | SD | D | T | T |
SD | SD | T | T | SD | D | T | T |

分析

Ⅳ→Ⅲm→Ⅵm

ヒット曲に多い王道進行IVM7→V7→Ⅲm7→VImに似ており、気持ちの良い響きです。
Ⅲm→Ⅵmの強進行も力強いですね。

まとめ

シンプルなコード進行は分かりやすく、明快という強みがあります。
その中で、セカンダリードミナントや強進行がワンポイントで置かれ、快活さに弾みが付いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。