オーギュメントコード

3分で読めます。

オーギュメントコードは、半音4つ分(長3度)ずつ音を重ねたコードです。
このコードは、コード同士をなめらかにつなげたり、雰囲気をちょっと変えるのに役立ちます。
例えば、CからCのオーギュメントコードに進んでみると、なんだか甘い雰囲気が漂います。
さっそくコードを見ていきましょう。

構成音

オーギュメントコード(aug)は、ルートの音、長3度、増5度で構成されています。


Cのオーギュメントコード。甘く、ふわふわ、ワクワクするような響きが特徴的。

メジャーコードとよく似ているので、Cを例に比べてみますね。

C:C、E、G
Caug:C、E、G♯

Cのコードにおける完全5度のGを半音持ち上げると、Caugが現れます。
たったこれだけの違いですが、響きはだいぶ異なりますね。

使い方

オーギュメントコードは、メジャーコードの雰囲気を変化させる代理コードとして使用できます。

C→Caug→C

CとCaugのように、構成音が似ているコードは代理コードとして使えるというわけですね。

ドミナントの代わりとしてももちろん使えます。
それどころか、Gaug7はテンションコードのG7(♭13)と同じ音を持つので、響きはとても艶やかです。

G:G、B、D
Gaug:G、B、D♯
Gaug:G、B、D♯、F
G7(♭13):G、B、D、F、D♯(E♭)

クリシェ

またオーギュメントコードは、コードを少しずつ変化させるクリシェというテクニックにも役立ちます。

C→Caug→Am/C→C7omit5

コード進行は複雑そうに見えますが、実際はCのコードのGの音を半音ずつ上げているだけです。
コードの中身を見てみましょう。

C:C、E、G
Caug:C、E、G♯
Am/C:C、E、A
C7omit5:C、E、A♯

omit5は、5度を省略するという意味です。
なんだかロマンスを感じさせる響きになりましたね。
以下の進行も繰り返すと良い雰囲気になります。

C→Caug→Am/C→Caug

まとめ

オーギュメントコードは、ダイアトニックコードとの組み合わせにより様々な気分、情景を表現できます。
このコードを使うときは、是非このコードが似合う場面を想像しながら、使ってみてください。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。