サブドミナントマイナー

5分で読めます。

サブドミナントマイナーとは、長調においてサブドミナントの代わりに使用できるコードです。
甘酸っぱいような、切ない響きのコード進行には、このサブドミナントマイナーがよく使われます。
さっそく見ていきましょう。

サブドミナントマイナー

サブドミナントマイナーは、サブドミナントをマイナーにしたコードです。
ハ長調(Cの長調)を例にすると、サブドミナントのFに対して、サブドミナントマイナーはFmです。

サブドミナント:F(Ⅳ)
サブドミナントマイナー:Fm(Ⅳm)

さて、ではサブドミナントマイナーにはどのような4和音があるのでしょうか。

4和音

サブドミナントマイナーの4和音は次のとおりです。

長6度:Fm6(Ⅳm6)
短7度:Fm7(Ⅳm7)
長7度:FmM7(ⅣmM7)

このうち、ⅣmM7は短3度に長7度という見慣れないコードです。
ただ、サブドミナントⅣM7の長3度を半音下げるだけで、ⅣmM7は簡単に現れます。
個人的には、ⅣmM7は長短が入り交じる、複雑で感情的で魅力的なコードだと思います。

使い方

サブドミナントマイナーは次のようなコード進行が基本です。

F→Fm→C
Ⅳ→Ⅳm→Ⅰ

サブドミナントからトニックに進むこの進行は、サブドミナントマイナー終止と呼ばれます。
このコード進行では、Fの長3度のAが短3度のA♭に変化します。
そしてA♭はCの完全5度のGへ移り、音がなめらかにつながります。

次もサブドミナントマイナーの基本的なコード進行です。

F→Fm→G7→C
Ⅳ→Ⅳm→Ⅴ7→Ⅰ

こちらでは、FmのA♭がGの完全1度のGへと移り変わり、音が流れていきますね。

代理コード

サブドミナントマイナーは同主調のサブドミナントです。
そのため、同主調に代理コードがあります。
そしてもちろん、その代理コードはサブドミナントマイナーの代わりに使うことができます。

ハ短調のダイアトニックコードを見てみましょう。

Cm、Dm-5、E♭、Fm、Gm、A♭、B♭
Cm7、Dm7-5、E♭M7、Fm7、Gm7、A♭M7、B♭7

これらのうち、Fm(Fm7)の代表的な代理コードは次の2つです。

Dm-5(Dm7-5)
A♭(A♭M7)

ディグリーネームで表すと次のようになります。

Ⅱm-5(Ⅱm7-5)
♭Ⅵ(♭ⅥM7)

どちらもFm(Fm7)の代理コードそのものですね。


サブドミナントマイナーは、人の心情の機微を表す繊細なコードの1つ。

その他の代理コード

他にも、♭Ⅵの音を持つコードはサブドミナントマイナーの代理として使うことができます。
例えば、B♭7(♭Ⅶ7)は短7度の音がA♭(♭Ⅵ)の音です。

また♭ⅡM7も、完全5度の音がA♭(♭Ⅵ)なのでサブドミナントマイナーです。
♭ⅡM7は17世紀にナポリのオペラでよく使われたことから、ナポリの6度とも呼ばれます。

転調

サブドミナントマイナーは、同主調や同主調の平行調への転調に使うことができます。
ハ長調を主調に考えると、Fmを持つコードは同主調のハ短調(Cの短調)です。
そのため、サブドミナントマイナーを利用してハ短調に転調できます。

また、ハ短調の平行調は変ホ長調(E♭の長調)です。
つまり、短3度上の長調にも転調できますね。

まとめ

サブドミナントマイナーは、長調においてその響き自体が非常に魅力的です。
場面としては、恋愛やその機微を表すコードとしてよく使われます。

また、サブドミナントマイナーは同主調への転調の架け橋です。
転調は人の感情や自然などの起伏を表現するのに欠かせません。
サブドミナントマイナーも、身につけておくと様々な場面で役立ちます。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。