ダイアトニックコード

3分で読めます。

音階の音を規則的に重ねていくと、コードが出来上がります。
この音階に基づくコードのひとまとまりをダイアトニックコードと言います。

%e3%83%8f%e9%95%b7%e8%aa%bf%e3%81%ae%e5%92%8c%e9%9f%b3
上段にあるものがハ長調のダイアトニックコード。コードの役割を覚えるためによく使用される。

ハ長調では以下がダイアトニックコードです。

3和音
C、Dm、Em、F、G、Am、Bm-5
4和音
CM7、Dm7、Em7、FM7、G7、Am7、Bm7-5

上記のコードは、それぞれ聞き手に特別な印象を与えます。
言い換えると、それぞれがある役割と機能を持っています。

主要な和音

C、F、G(CM7、FM7、G7)は、ハ長調の中で特に重要な機能を持つコードです。
主要和音と言います。

トニック(T)

C(CM7)はトニックと呼ばれます。
その役割はスタートとゴール、つまり起承転結の「起」と「結」にあたります。
ハ長調を通して、非常に安定感のある響きが特徴です。

サブドミナント(S)

F(FM7)は、サブドミナントと呼ばれます。
その役割は「つなぎ」で、起承転結の「承」または「転」として働きます。
ハ長調のおいては、やや不安定で浮ついた響きが特徴的です。

ドミナント(D)

G(G7)はドミナントコードと呼ばれます。
役割は「クライマックス」で、起承転結の「転」として働きます。
ハ長調の中では癖と味のある独特な響きが特徴で、トニックを導く力があります。

起立、礼

トニックとドミナントの分かりやすい例の1つに、幼稚園や小学校での起立と礼があります。

起立(C)
礼(G7)
戻る(C)

トニックとドミナントの響きの関係は、実は小さい頃からとても身近に感じているものです。
そのため、この響きの感覚を押さえておくことはかなり重要です。

まとめ

トニック(C、CM7)はその調で最も落ち着く基本のコードです。
そして、トニック(C、CM7)はサブドミナント(F、FM7)とドミナント(G、G7)のゴールです。
音楽を感じたり、作る上でとても重要な考えなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

その他のコード、代理コードは次回説明していきます。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。