代理コード

4分で読めます。

ハ長調のダイアトニックコードの中で、起承転結を作る基本のコードはなんでしょうか?
それは、主要和音のトニックのC(CM7)、サブドミナントのF(FM7)、ドミナントのG(G7)です。
では、上記以外のコードは一体何者なのでしょうか?

今回は、その基本以外のコード、代理コードを見ていきます。

%e3%83%8f%e9%95%b7%e8%aa%bf%e3%81%ae%e5%92%8c%e9%9f%b3
ハ長調のダイアトニックコードは上段。主要なC、F、G以外は代理コードとなる。

代理コードがなぜ代理かというと、それぞれがトニック、サブドミナント、ドミナントのように働くからです。
コードのつなげ方は後で説明するとして、コードの中身を見ていきましょう。

トニック系統

Em(Em7)とAm(Am7)がトニック系統です。
理由は、上記のコードがトニックのCと同じような音で構成されるためです。
1つずつ見ていきます。

構成音
Cコード:C、E、G
CM7コード:C、E、G、B
Emコード:E、G、B
Em7コード:E、G、B、D

共通音
CとEm(Em7):E、G
CM7とEm(Em7):E、G、B

共通の音が2つまたは3つもあります。
次はAm(Am7)です。

構成音
Cコード:C、E、G
CM7コード:C、E、G、B
Amコード:A、C、E
Am7コード:A、C、E、G

共通音
CとAm:C、E
CとAm7:C、E、G

同じく、共通の音が2つまたは3つもあります。
サブドミナントとドミナントも考え方は同じです。
見ていきましょう。

サブドミナント系統

Dm(Dm7)がサブドミナント系統です。
Am7が含まれることもあります。
代理コードは曖昧さも持ち味ということですね。

構成音
Fコード:F、A、C
FM7コード:F、A、C、E
Dmコード:D、F、A
Dm7コード:D、F、A、C

共通音
F(FM7)とDm:F、A
F(FM7)とDm7:F、A、C

トニック系統と同じく、共通の音が2つまたは3つもあります。
AmとAm7との関係も見てみましょう。

構成音
Fコード:F、A、C
FM7コード:F、A、C、E
Amコード:A、C、E
Am7コード:A、C、E、G

共通音
FとAm(Am7):A、C
FM7とAm(Am7):A、C、E

トニック系統もサブドミナント系統も同じですね。
最後はドミナント系統です。

ドミナント系統

ドミナント系統に属するコードは、Bm-5(Bm7-5)です。
コードを構成する音を見ていきましょう。

構成音
Gコード:G、B、D
G7コード:G、B、D、F
Bm-5コード:B、D、F
Bm7-5コード:B、D、F、A

共通音
GとBm-5(Bm7-5):B、D
G7とBm-5(Bm7-5):B、D、F

他の系統と同じく、共通の音を持っていますね。

まとめ

曲のコード進行は、代理コードを含めたダイアトニックコードを基準に構成されます。
こうして、音楽の起承転結が作られていきます。
そのため、ダイアトニックコードの理解は、音楽を作ったり、演奏したり、耳コピをする上で役立ちます。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。