音程

4分で読めます。

音程とは、2つの音の高さ(音高)の差のことです。
音程は、ドレミファソラシドの音階上で「度」数という単位で数えます。
この「度」数はコードを理解するうえで欠かせない考え方です。
なぜなら、コードは複数の音が重なっているものであり、度数により音の雰囲気が決まるからです。
早速、音程について見ていきましょう。

Cの長調で度数を確認

%e9%9f%b3%e7%a8%8b
音程の一覧表。音程には様々な種類があり、それぞれ響きが大きく異なる

音程に関してはとっつきにくいので、分かりやすくするためCの長調を基準に考えていきます。
Cの長調はC(ド)、D(レ)、E(ミ)、F(ファ)、G(ソ)、A(ラ)、B(シ)で構成されます。
ここで、あるCを基準に考えると、同じCとは完全1度(U:ユニゾン)、Dとは長2度(M2)、Eとは長3度(M3)、Fとは完全4度P4、Gとは完全5度(P5)、Aとは長6度(M6)、Bとは長7度(M7)、1オクターブ上のCとは完全8度(P8)の関係にあります。

度数なのに、「完全」や「長」といった言葉が出てきて分かりにくいですね。
ひとまず度数とはこういうものと思ってもらい、更に話を続けていきます。

「長」の付く度数の場合、半音下がると頭は「短」に変化します。
「長2度」の場合は「短2度」で、「長3度」の場合は「短3度」、「長6度」の場合は「短6度」で、「長7度」の場合は「短7度」です。
Cを基準に半音単位で見ていくと、度数は以下になります。

・半音1個:短2度
・半音2個(全音1個):長2度
・半音3個(全音1個、半音2個):短3度(m3)
・半音4個(全音2個):長3度(M3)
・半音5個(全音2個と半音1個):完全4度
・半音6個(全音3個):増4度または減5度、トライ・トーン(三全音)
・半音7個(全音3個、半音1個):完全5度
・半音8個(全音4個):増5度または短6度
・半音9個(全音4個、半音1個):長6度
・半音10個(全音5個):短7度
・半音11個(全音5個、半音1個):長7度

%e9%9f%b3%e7%a8%8b%e8%a1%a8
ドレミファソラシドのそれぞれの関係を表した音程表。音と音の間には必ず音程が生まれる。

さて、音程については、目で見てみるよりも、音を聞いてみるとよりその違いが分かります。
例えば、「完全」が付く音程は、それぞれの音が非常に分かりやすく溶け込んでいます。
一方、「長」や「短」が付く音程は、度数によっては綺麗に溶け込んでは聞こえないかもしれません。
このように、音程は「協和音程」と「不協和音程」の2種類に分かれます。

協和音程

協和音程には2種類があります。
1つは、完全1度、完全8度と完全4度、完全5度といった完全協和音程です。
これらは音の周波数の比率に関して、完全1度が1:1、完全8度が1:2、完全5度が2:3の、完全4度が3:4の綺麗な関係になっています。

一方、長3度、短3度、長6度、短6度を不完全協和音程と呼びます。
これらの音の周波数の比率は、長3度が4:5、短3度が5:6となっています。
完全音程ほどの溶け込みはないので、不完全協和音程と呼びます。

不協和音程

協和音程以外の音程は全て不協和音程です。
ただし、半音で接する音程は特に鋭い不協和音に聞こえるのに対して、全音で接する音程は比較的穏やかな響きです。
増4度・減5度(半音6個)のトライ・トーンは不協和音程に分類されますが、コード理論で大きな役割を担っているため、特別な存在と言えます。

音程は和音の理解に大きく繋がっていきます。
今すぐ覚える必要はありませんが、頭に残しておくと良いと思います。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

“音程” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。