楽器を購入(キーボード)

3分で読めます。

ゲームの面白さはゲーム性、キャラクター、シナリオ、音楽等、様々な要因が絡み合ってはじめて生まれるものです。ここでは、そのゲームの音楽を演奏するために必要な楽器について説明していきます。

楽器には様々な種類があり、1つの音のみ出せる楽器や複数の音を出すのに優れるもの、またその音の出し方等、それぞれに大きな違いがあります。そして、ゲーム音楽を含め私達の身近にある音楽のほとんどはリズム、和音、メロディで成立しており、どれも音楽に欠かすことはできません。そのため、メロディと和音をある程度リズミカルに奏でることが可能なキーボードやギターが比較的安価で管理も楽で良いかと思います。ただ、もし気になる楽器が他にあるならそちらを優先するべきです。
キーボードやギターには新品と中古品、安価なものから非常に高価なものまで色々とあります。一体何を買えばいいかは非常に悩ましいところですが、これは目的や好みで選んでいけばよいと思います。

キーボード

難しいことを考えずに簡単に使用したいという場合、基本的には上記のような音源内蔵型の電子キーボードを選べば問題ありません。また、上記のCTK-2200にはUSB端子が付いているということで、今後更に高級な音源を使用したくなった場合でも、PCを介してある程度対応することが可能です。

予算が潤沢にあるならば、こういったシンセサイザーで音作りやエフェクトについても勉強していくことが可能です。こちらは入出力面で上記のCASIOの電子キーボードより優れているので、PCを介さなくても様々な音源に対応できますし、内臓の音源だけでも非常に充実しているといえます。

参考までに載せておきますが、こういったプロユースのハイエンドモデルもあります。非常に多機能で全てを把握するのはとても大変ですが、もし使いこなすことができれば音楽をする上で大抵の事には困らないはずです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。