楽器を購入(ギター)

5分で読めます。

楽器には様々な種類があり、1つの音のみ出せる楽器や複数の音を出すのに優れるもの、またその音の出し方等、それぞれに大きな違いがあります。私達の身近にある音楽のほとんどはリズム、和音、メロディで成立しており、どれも音楽に欠かすことはできません。
そのため、メロディと和音をある程度リズミカルに奏でることが可能なキーボードやギターは、非常にポピュラーな楽器です。ここでは、ギターとその購入について簡単に説明していきます。

ギターの分類と特徴

Acoustic_guitar_parts.png

アコースティック・ギター
作者 Pierre-Étienne Nataf
大まかに分類すると、ギターは生音を響かせるアコースティックギターと、弦の振動を電気に変換・増幅してスピーカーで出力するエレキギターに分かれます。これらのギターは色々なメーカーが発売しており、それぞれ種類や形状、音の特徴も異なります。
どちらの系統を選ぶかは好みの問題で、アコースティックギターの生の音色はとても素晴らしいですし、エレキギターはエフェクターなどを用いることで音色の加工がしやすく、ヘッドフォンなどを用いれば比較的静かに練習・演奏ができます。

Electric_guitar_parts.jpg

エレクトリック・ギター
作者 GreyCat
ただ、ギターの場合はキーボードと違ってある程度のメンテナンスが必要で、交換用の弦や音を合わせるためのチューナーが必須です。更に、エレキギターの場合は音を増幅して聞こえるようにするためのアンプと、接続するためのシールドケーブル等も欠かせません。

ギターの価格

格安アコースティックギターで知られるhoney bee
アコースティックギターは格安のもので8000円程度で、弦とチューナーさえあれば即座に使用できるというメリットがあります。こちらも非常に魅力的な楽器ですし、ギターにいち早く楽器に触れてみたいというのであればこういった選択も悪くありません。
エレキギターでは、最近では10000円以内で購入できるストラトキャスターやレスポールモデルのギターも多くあります。もし仮にギターに挫折してしまったとしても、これぐらいの費用であればそこまで痛い出費ではありません。
これらギターは様々なパーツから構成されており、それぞれには品質というものがあります。更に、同じ値段で同じパーツが使われていても、その作りにはムラがあります。
これらを確認できるのは、ギターを所有し触れたことがある人だけです。そのため、ギターを購入する場合は楽器店の店員さんと相談をしつつ、チェックしてもらいながら決めたほうがハズレを引く確率が減ります。

ギターセット

格安ギターの代名詞、フォトジェニックのギターセット
また、ギターはアクセサリとセットで販売されているものも多くあります。実際には必要なものを単品で購入していったほうが無駄がありませんが、最初は何が必要なのか迷いがちなので、こういったセットを購入して覚えていく方法もあります。
自力で買い揃えていくならば、ギターは良いものを、練習用のアンプは安いものを購入するといったことも可能です。ただ、難しいことは考えずに早く楽器を弾いてみたいというのであれば、とにかくギターセットが一番手っ取り早いと言えます。

中古ギター

ちなみに、デジマート等では様々なギターの中古品が確認したり、通信販売で購入することができます。中古品であれば、本来の価格よりグレードの高いギターを安く購入できるチャンスも十分にあります。ただ、中古のギターは部分部分が劣化していることもあるので、ギターが分かる人に確認してもらいながら自分の目でも確かめたほうが無難です。
それができない場合は、電話やメールで連絡するとギターの状態を詳しく教えてくれるショップも多いので、こういった方法で確認する手もあります。中古ギターのお店を開いている人はギターが好きでその仕事をしているので、大抵はどんな疑問に答えてくれます。
最後に、ギターは見た目が重要で、気に入ったものがあればそれが一番お勧めのギターです。現時点で自分が一番欲しいギターを購入しないと、買った後で後悔することになりかねないので注意が必要です。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。