ギターコード一覧(C~B)

2分で読めます。

C、C#(Db)、D、D#(Eb)、E、F、F#(Gb)、G、G#(Ab)、A、A#(Bb)、Bの各調におけるギターのコード、M、m、7、M7、6、m7、m6、mM7、m7-5、sus4、7sus4、dim7、7-5、7+5、9、7-9、7+9、69、m69をまとめました。

マス目の縦は弦を、横はフレット番号を表し、黒いマスは押さえる弦を示しています。また上部にはコード中で省略できる音に関しては把握しているものを記述しました。×印はミュートを意味しています。
コードを押さえる際には、フレットの近くを押さえることがきれいな音を出す上で大切です。これはバレーコード(セーハ)の際にも共通で、音をびびらせないためにも特に気をつける必要があります。また、同様にミュートも和音を作る上で大切なので、近くの指を少しだけ当てておいたり、親指や空いている指を触れさせておくなどしておきます。特にエレキギターの場合は音が増幅されるのでミュートは必須です。
これらの中には非常に難易度の高いコードもありますが、それらはあくまで一例です。そして、コードの進行を考えたときにスムーズな流れを作るためにはこれらにあるコードだけでは対応できないこともあります。そういった場合にはコードを作る必要がありますので、和音に関してある程度理解しておくと良いと思います。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。