エレキギターの定番リバーブ・エフェクター(BOSS・RV-5、ELECTRO-HARMONIX・Holy Grail)

3分で読めます。

リバーブは音の残響を演出・再現するエフェクターで、楽器の音をより豪華で荘厳なものにします。ここでは、エレキギターで使用する現行の定番リバーブ・エフェクターについて簡単に紹介していきます。

BOSS・RV-5

RV-5 Digital Reverb [BOSS Sound Check]
PLATE、HALL、ROOM、SPRINGといった様々なリバーブを再現し、GATEやMODULATEといった独特なモードを持つ多機能なデジタルリバーブがBOSS・RV-5です。BOSSのエフェクターは基本的にコンパクトでシンプルな操作性とスタンダードさが売りですが、このRV-5もその例に洩れず、オーソドックスなリバーブとして活用できます。
GEAR UP – BOSS RV-5 DIGITAL REVERB
そんな普通さが売りのRV-5には、残響音自体を揺らすことで独特な空間の広がりを生み出すMODULATEモードと、残響音を圧縮し断続的に出力するGATEモードが備わっています。リバーブは基本的に音を下支えするエフェクトですが、これらを用いれば飛び道具的なインパクトのある音も得られます。

また、RV-5の入力と出力は共にモノラル・ステレオに対応しており、エフェクト音だけの出力も可能で、ミキサーやギターアンプのセンドとリターンを駆使することで様々な場面で使用することができます。ある程度の機能性や拡張性を重視したいならば、後述するELECTRO-HARMONIX・Holy GrailよりもBOSS・RV-5を選ぶと良いと思います。

ELECTRO-HARMONIX・Holy Grail

Holy Grail – Demo by Peter Stroud – Reverb
スプリングリバーブ、ホールと、フランジャーの掛かった独特な空間を再現する、高音質な定番リバーブ・エフェクターがELECTRO-HARMONIX・Holy Grailです。Holy Grailは、残響の深さ時間を決める3つのモードとエフェクト音の大きさを決めるツマミが1つ備わっているのみで、非常にシンプルな操作性が長所です。しかし、その残響音の深さや細かさがこのペダルの一番の魅力です。

ただ、優れた残響音の代わりに、Holy GrailはRV-5とは違ってエフェクト音の音色、音の残響する時間を細かく設定することができません。また、入出力もモノラルのみです。そのため、ギターアンプのセンドリターンには問題ないかもしれませんが、ミキサーやシンセサイザーのリバーブとして使用する、といった拡張性にはやや劣ります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。