エレキギターの定番オクターバー・エフェクター(ELECTRO-HARMONIX・OCTAVE MULTIPLEXER、BOSS・OC-3)

3分で読めます。

原音のオクターブ下の音を発生させて加えることで、ベースとユニゾンしたかのような重厚で迫力のある音色を作り出すエフェクターがオクターバーです。オクターバーはピッチシフターでも代用することができますが、現行のオクターバーには他にも様々な機能が搭載されており、差別化が図られています。ここでは、そのオクターバーの現行定番機種を紹介していきます。

ELECTRO-HARMONIX・OCTAVE MULTIPLEXER

Octave Multiplexer – Demo by Dan Miller – Analog Sub- Octave Generator
1970年代に開発された、オクターブ下の音を追加するギター・ベース・ボーカル対応のオクターバーがELECTRO-HARMONIX・OCTAVE MULTIPLEXERです。本機は高音域と低音域をコントロール可能な2種類のフィルターと、低音域のフィルターのオンオフを切り替えるスイッチが備えており、ある程度の音作りが可能となっています。

ピッチシフターと比べると機能面では劣り、オクターバーの中では標準的なOCTAVE MULTIPLEXERですが、これを通した音の太さと迫力は折り紙付きで存在感は抜群です。歪みのペダルとは異なり、オクターバーはそこまで重視されるエフェクトではありませんが、自身の求めるサウンドに特段の分厚さが必要ならば、OCTAVE MULTIPLEXERは最適です。

BOSS・OC-3

OC-3 SUPER Octave [BOSS Sound Check]
和音対応のPOLY、歪みを加えるDRIVE、2オクターブ下の音まで生成するOC2シミュレートの3モードを備えた、ギター・ベース対応で原音とエフェクト音の別出力可能な多機能オクターバーがBOSS・OC-3です。こちらはギター・ベースそれぞれのインプット端子を備えており、接続する端子によってエフェクトの帯域が最適化されるようになっています。
BOSS Super Octave OC-3 Pedal
そして、本機の最もユニークな機能が和音に対してオクターブ音を付加するというものです。これを利用すればパワーコード等の重低音を更に強化することができます。また、RANGEのツマミを操作することでエフェクトを掛ける帯域を調節することもできるので、音作りの幅は決して狭くありません。

BOSSのエフェクターは、同種類の多機種と比較すると多機能さが売りですが、オクターバーに関してはその機能が抜きん出ているようです。機能性や奇抜さを重視するならば、OC-3を選択することになります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。