エレキギターを手軽に楽しむための小型アンプ・シミュレーター(VOX・amPlugシリーズ、LINE6・Pocket POD)

4分で読めます。

様々なエフェクターを直列・並列に繋ぎつつ、設定や音作りに没頭するのは非常に楽しいものです。しかし、時にはこれらが億劫になり、最小限のセッティングでシンプルにギターと触れ合いたくなることがあります。そういった際に役立つのが、小型のアンプやアンプシミュレーターです。ここでは、実用にも耐えうるかもしれない最小限のセッティングを可能にする、ギターアンプとシミュレーターを紹介していきます。

VOX・amPlugシリーズ

VOX AmPlug モデル別サウンド比較動画
ギターに直接挿すことができ、電池で駆動する手のひらサイズの小型ギターアンプがVOX・amPlugシリーズです。amPlugのそれぞれの機種は、アンプやエフェクト等をシミュレートしたものとなっているので、手軽に好きなアンプ等での演奏を楽しむことができます。

マーシャル・アンプをシミュレートしたamPlug(Classic Rock)
本機には、音の入力量ゲイン、簡易的にイコライジングを行えるトーン、出力量ボリューム、そして一部のモデルではエフェクトのオンオフのスイッチなどが搭載されています。そのため、アンプとしての最低限の操作はamPlugで行えるようになっています。また、音楽プレイヤーなどから音声を入力できるAUX IN端子もあり、ギターとamPlugさえあれば静かにどこでも演奏することが可能です。

amPlug用スピーカーのamPlug Cabinet
amPlugでこういった最小限の構成を組めば、わざわざ椅子に座り、アンプとエフェクターに電源を入れ、それぞれの設定を細かく行う必要もありません。チューニングは音叉で行うとして、歪みはamPlugに付いているダイアルで設定し、後はベッドで寝ながら演奏をしても良いわけです。

LINE6・Pocket POD

Pocket POD – 概要紹介| Line 6
ギターアンプやエフェクトのモデリングで有名なLINE6からも、Pocket PODという小型のアンプシミュレーターが発売されています。Pocket PODは十分な数・性能のアンプ、エフェクト、キャビネット、そしてチューナーと音楽プレイヤーからの入力端子も内蔵しており、ギターとこれがあれば基本的に全て完結します。
また、USB端子を利用し、PC上の専用のエディターでアンプやエフェクト、キャビネットの細かな設定を行うこともできます。ただ、本機は様々なことができる反面、画面の大きさやツマミの数が十分ではないので、専用のエディターを使用しない場合、操作性に関してやや難があると言えます。

LINE6のアンプモデリング技術は非常に洗練されており、Pocket PODはこのサイズながらも非常に実用的な性能を持ちます。また、プリセットも充実しており、これらを元に好みの設定を見つけていくこともできます。しかし、Pocket PODは小型で持ち運び等に優れる一方、設定が複雑で自由度が高いため、寝ながら気軽に使うにはやや厳しいかもしれません。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。