エレキギターの定番トレモロ・エフェクター(BOSS・TR-2、ELECTRO-HARMONIX・STEREO PULSAR)

3分で読めます。

音を連続して小刻みに出力することで、コーラス、ディレイ、リバーブ等とは異なった独特な空間を生み出すエフェクターがトレモロです。ピックアップの片方のボリュームを0にしてスイッチを手動で動かしてもトレモロは得られます(スイッチング奏法)。しかし、手動では不可能な速さあるいは遅さのトレモロ効果を得るためには、やはりエフェクターが必要です。ここでは、そのトレモロの定番機種について簡単に紹介していきます。

BOSS・TR-2

TR-2 Tremolo [BOSS Sound Check]
トレモロの周期を調節するRATE、トレモロの掛かりの強さを決めるWAVE、トレモロの深さを決めるDEPTHを備えた、モノラル出力のオーソドックスなトレモロ・エフェクターがBOSS・TR-2です。これらのツマミを操作すれば、緩やかで心地の良いトレモロからマシンガンのような独特な効果まで、幅広い音作りができます。

トレモロは音量を揺らすだけで音自体には影響を与えませんが、空間を作り出す他のエフェクター同様にクリーントーンでの音の揺らぎは絶品です。TR-2は音の劣化も少なく、一般的なトレモロ効果を得るための機能は備わっているので、とりあえず本機を購入しておけばトレモロに関しての問題はありません。

ELECTRO-HARMONIX・STEREO PULSAR

Stereo Pulsar – Demo by Larry DeMarco – Variable Shape Analog Tremolo
周期のRATE、波形のSHAPE、深さのDEPTHを備えた、TR-2とほぼ同様の機能を持ったステレオ出力のトレモロ・エフェクターがELECTRO-HARMONIX・STEREO PULSARです。ただし、本機はTR-2とは異なりステレオ出力に対応しており、トレモロ音を左右にまで広げ、ピンポンディレイのように交互に出力することが可能となっています。

そしてそのステレオ・トレモロの効果は絶大で、これを使用するだけでギターの存在感が際立ち、楽曲中の他の楽器を隅に追いやりかねません。また、STEREO PULSARは各ツマミの効果の幅が広く、これもトレモロの音を印象付けます。一般的なトレモロ・エフェクターで満足できないならば、STEREO PULSARが適しています。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。