エレキギターの演奏に必要な能力を強化するためのSHREDNECKとFINGERWEIGHTS

3分で読めます。

様々なスポーツでトレーニング用の道具が開発されているように、ギターの世界でも一風変わったトレーニングアイテムが開発されています。ここでは、ギターの練習に役立つかもしれないユニークな道具を紹介していきます。
SHRED NECK

SHREDNECK

ギターのフィンガーボードを再現した、ユニークなギタートレーニングツールがSHREDNECKシリーズです。これがあれば、ギターが無い環境や時間が無い時でも常にギターの練習ができるようになります。
SHREDNECKは実際のギターと同じフレット幅、ネック幅となっており、ペグを操作することで弦のテンション調整することも可能です。更に、様々なシグネチャーモデルも用意されており、それぞれのインレイはギタリストのシンボルが使用されています。
NAMM 2010 – ShredNeck
SHREDNECKを使用すれば、コードの確認やコードチェンジの練習だけでなく、タッピングの練習といったことも行えます。また、スキャロップド加工されているような部分があり、そこを利用すればピッキングの練習も出来るので、スウィープ奏法の指使いを確認するといったことにも利用できます。

ただ、音が出ないのでミュートがしっかりとできているかどうかの確認ができませんし、ローポジションとハイポジションを行き来するようなフレーズも困難です。その上、7000円以上からとそれなりに高価です。しかし、この手軽さとデザイン、アイデアは非常に面白いので、今後の発展を期待したいところです。
Finger Weights

FINGERWEIGHTS

フィンガーウェイツはそれぞれの指に重りをつけることで指の力とその使い方を強化するトレーニングアイテムです。このアイテムは、指に硬貨を巻きつけてトレーニングしていたギタリストが速弾きを習得したことをきっかけに開発されました。その後、研究が重ねられ、現在では指のリハビリからピアノの指使いの強化まで、さまざまな場面で使用されるようになりました。
Guitar Demo
フィンガーウェイツは大人用で30g、子供用で15gまで重りを取り付けることができ、バンドの幅を調整することで指の根元から指先まで自由に装着箇所を変更することができます。指先に重りを付けてハンマリング・オン、プリング・オフそしてトリル、またタッピングの練習をすれば、筋力とコントロールの強化は確実です。しかし、速弾きは両手のコンビネーションが重要なので、こちらは別に強化する必要があります。

フィンガーウェイツもSHREDNECK同様に高価で、おおよそ10000円前後となっています。ただ、こちらもアイデアは非常に面白いので、試しにマジックテープ等で指に重りを付けてトレーニングを行い、効果を実感できればFINGERWEIGHTSを使用するようにすると無駄が無さそうです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。