エレキギターの定番オートワウ・エフェクター(BOSS・AW-3、DIGITECH・SYNTH WAH)

5分で読めます。

現代ではエフェクターによる音の加工が様々な場面で行われており、楽器演奏用に開発されたものを含め、色々な機種が売られています。ここでは、エレキギター用に開発された定番のオートワウ・エフェクターについて簡単に紹介していきます。
AW-3 Dynamic Wah [BOSS Sound Check]

BOSS・AW-3

統一されたデザインとコストパフォーマンスに優れた性能で常に1、2番手に位置するメーカー、BOSSのオートワウ・エフェクターがAW-3です。オートワウは他のエフェクターと比べるとあまり種類は多くありません。その中で、BOSSのAW-3は基本的な機能を備えたスタンダードなオートワウに位置付けられます。
本機は、エフェクトにより音が変化している時間を決めるDECAY、エフェクトが掛かり始める周波数を調節するMANUAL、ワウ効果のかかる音量を決めるSENSのツマミを操作することで、エフェクトの設定を行うことができます。
Boss AW3 Dynamic Wah Guitar Pedal
また、AW-3は高い周波数方向にフィルターが動くUP、低い周波数方向に動くDOWN、シンセサイザーのような音のSHARP、ギター音を人間の声のようにするHUMANIZER、フィルターを時間的に変化させるTEMPOの5つのモードを備えています。これらのモードによりAW-3は設定の幅が広く、それぞれを駆使することで浅いものから深いものまで、様々なオートワウの音作りが可能です。
そして、ピッキングの強弱により母音が変化するHUMANIZERは特にユニークで、まるでギターが喋っているかのような効果が得られます。その他、本機はギターだけでなくベースにも対応し、フットスイッチでオートワウのテンポを決めたり、エクスプレッション・ペダルでワウのフィルターを操作することもできます。

AW-3はこういった基本的な部分を押さえた十分な性能を持ち、高価でより多機能なものと比べれば安価です。そのため、本機はオートワウを使ってみたいという場合に第一の候補として名前が挙がるエフェクターです。
Digitech X-Series XSW SYNTH WAH – Envelope Filter Pedal Demo – Austin Bazaar

DIGITECH・SYNTH WAH

奇抜で強烈な音を生み出すデジタルなエフェクターメーカーという印象が強い、DIGITECHのオートワウがSYNTH WAHです。SYNTH WAHはどちらかと言えば定番とは少し離れた位置にありますが、AW-3と同じ価格帯にも関わらず音色は個性的で非常に存在感があるので、こちらで紹介することにしました。
SYNTH WAHには、SENSE、CONTROL、RANGE、TYPEというツマミがあり、TYPEで設定したモードによって各ツマミで操作できるパラメータが変化します。その変化はやや複雑ですが、基本的にSENSEではオートワウの反応する音量を、CONTROLではエフェクト音量やアタックの強さを、RANGEではワウの周波数の範囲などを調整します。
SYNTH WAH DIGITECH
そのモードは、フィルターを上げるENV UP、下げるENV DOWN、SYNTH 1とSYNTH 2の2種類のアナログシンセサイザーサウンド、トーキングモジュレーターのような音のFILTER 1とFILTER 2、そしてSENSEで周期を決めることができるAUTO WAHの7種類です。
また、多くのステレオ出力のエフェクターのように、SYNTH WAHも2つの出力端子から原音とエフェクト音をそれぞれ出力することができます。更に、キャビネット・モデリング「CIT」(Cabinet Imaging Technologies)という機能もあり、そのままミキサーに接続して録音を行うといったことも可能となっています。

SYNTH WAHはより奇抜で独創的な音作りが可能な非常に面白いエフェクターです。その分、音に対するこだわりをより一層求められますが、奇抜さを重視するならばこちらのオートワウがおすすめです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。