エレキギターの低価格オートワウ・エフェクター(BEHRINGER・UW300 Ultra Wah、DW400 Dynamic Wah)

4分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたオートワウ・エフェクターについて紹介していきます。
UW300 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・UW300 Ultra Wah

UW300 Part2 [BEHRINGER]
RATE、DEPTH、MANUAL、SENSのツマミを備えた安価でシンプルなオートワウがBEHRINGERのUW300 Ultra Wahです。本機でもっとも特徴的な機能は、DEPTHのツマミを操作することで周期的にフィルタが変化するモードと、ピッキングの強弱でワウが掛かるモードを切り替えられる点です。

また、RATEではオートワウのフィルタが変化する周期を、DEPTHではフィルタが移動する幅を、MANUALではエフェクトが掛かる周波数を、SENSではオートワウが掛かる感度を設定することができます。機能はこれだけなので、BOSS・AW-3やDIGITECH・SYNTH WAHのように複雑な機能を必要とせず、また出来るだけ値段をやすく抑えたい場合はUW300が最適です。
DW400 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・DW400 Dynamic Wah

タップテンポによるフィルター変化の周期コントロールと、人の声のような音を作り出すヒューマンボイスを内蔵した、より高度なオートワウ・エフェクターがBEHRINGER・DW400 Dynamic Wahです。そのツマミやモードはBOSS・AW-3とほとんど同じで、DECAYでフィルターの移動時間を、MANUALでエフェクトの掛かる周波数や母音を、SENSで信号入力の感度と母音を決定します。
Behringer RSM guitar FX pedals review – DW400 Dynamic Wah / Human Voice
また、モードは、高い周波数へフィルタが移動するUP、低い周波数へ移動するDOWN、シンセサイザーのような音が得られる鋭い上昇のSYNTH、母音を付加しピッキングの強弱でそれを変化させるHUMAN VOICE、ペダルやフットスイッチでワウの周期を決めるTEMPOの5つを備えています。

そして、エクスプレッション・ペダルを用いることでワウをコントロールすることができ、ベース用の入力端子を備えている点も同じです。DW400は2000円~3000円程度とおよそAW-3の1/3程度の値段で、コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。そのため、UW300ではシンプル過ぎるけどBOSS・AW-3を買うには予算の都合が付かない、といった場合には本機が候補に挙がります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。