エレキギターの低価格ピッチシフター・エフェクター(BEHRINGER・US600 Ultra Shifter/Harmonist)

3分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたピッチシフター・エフェクターについて紹介していきます。
US600 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・US600 Ultra Shifter/Harmonist

BEHRINGERが開発・製造する低価格のピッチシフター・ハーモナイザーがUS600 Ultra Shifter/Harmonistです。その機能はBOSS・PS-6の前世代PS-5に類似しており、基本的な機能としては、最大±2オクターブのピッチシフター、指定したキーの3度、4度、5度、6度、オクターブ、ダブルオクターブ音を追加するハーモニストといったモードを搭載しています。
Behringer US600 Ultra Shifter Harmonist Pedal Demo
また、US600はPS-5同様に、トレモロ・アームのような形で最大±2オクターブまで音程を上下させるトレモロバー、最大±1オクターブまでトレモロ・アームを素早く操作したかのように音程を上下させるフラッター、わずかに音程をずらした音を追加するデチューンといったモードも備えています。
US600 Part2 [BEHRINGER]
その他、エクスプレッション・ペダルを使用すると設定したピッチまで連続的に音を変化させることができる点もPS-5と同じです。ちなみに、US600は電池で駆動させることもできますが、空間系のエフェクター同様に消費電力量が多いため、ACアダプタを使用した方が安上がりですし手間も少なくて済みます。

これだけ多機能なUS600を3000円~4000円で購入できるというのは本当に驚くべきことです。ただし、US600のハーモナイザーは原音に1音までしか音を追加できないため、機能面ではBOSS・PS-5に並び、2音追加できるPS-6には劣ります。PS-6の機能が必要な場合には、PS-6を購入するか、BEHRINGERがそのコピーモデルを開発するのを待つしかなさそうです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。