エレキギターの低価格トレモロ・エフェクター(BEHRINGER・UT300 Ultra Tremolo、TP300 Ultra Tremolo/Pan)

3分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたトレモロ・エフェクターについて紹介していきます。
UT300 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・UT300 Ultra Tremolo

UT300 Part2 [BEHRINGER]
BOSSのTR-2同様のツマミと機能を持つ、シンプルなトレモロ・エフェクターがBEHRINGER・UT300 Ultra Tremoloです。その使い方は非常に単純で、RATEのツマミでトレモロの速度を、DEPTHでエフェクトの深さと強さを、WAVEではトレモロの効き方を調節することが可能です。また、入出力端子は1つずつなので特に迷うことはありません。

実用性に関しては十分で、緩やかな優しいトレモロから、マシンガンのような速い効果まで、自由に操ることができます。単純なトレモロ効果を安価に求める場合は、このエフェクトが第一の選択肢となるはずです。
TP300 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・TP300 Ultra Tremolo/Pan

TP300 Part2 [BEHRINGER]
UT300のWAVEがスイッチ方式になった代わりに、ステレオ入出力に対応しパンニングが可能となった機種が、BEHRINGER・TP300 Ultra Tremolo/Panです。本機はトレモロとパンのそれぞれに、緩やかにエフェクトが変化する三角波と鋭く変化する矩形波の2つのモードがあり、全部で4つのモードを備えています。

UT300はトレモロだけでなく強烈なステレオのパンニングも可能なので、これが一台あればひとまずこれらのエフェクトには困りません。ただ、音を揺らすエフェクトに共通していますが、これらは多用し過ぎると酔ってしまい気分が悪くなることがあるので、使用する場合は効果を控えめにしておきたいところです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。