エレキギターの低価格ディストーション・エフェクター(BEHRINGER・DM100 Distortion Modeler、ARION・MDS-1)

3分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたディストーション・エフェクターについて紹介していきます。
DM100 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・DM100 Distortion Modeler

Гитарный эффект BEHRINGER DISTORTION MODELER DM100
BOSSのDS-1、MXRのDistortion+、PRO COのRATを再現した、エフェクターを低価格で提供するBEHRINGERのディストーションがDM100 Distortion Modelerです。本機はモデリングペダルを切り替えるスイッチの他に、歪みの強さを決めるDIST、イコライジングを行うTONE、出力音量を決めるLEVELのツマミを備えています。

このように、DM100は操作が非常にシンプルで値段も安価ですが、3種類のディストーションを搭載していることもあり、あっさりとした歪みから分厚い壁が迫るような歪みまで、音色のバリエーションは非常に幅が広くなっています。性質の異なったいくつかのディストーションを手軽に切り替えたい、または安価に入手して研究したい、といった場合に本機は役立ちそうです。
Arion Metal Master & Tube Mania / Tubulator Distortion – 30 Pedals Day #29 Demo Review SMM-1 MDI-1

ARION・MDS-1

オーバードライブのTUBULATORで御馴染みの、ARIONのディストーションペダルの1つがMDA-1です。こちらの場合は、歪みの強さを決めるDIST、低音と高音のイコライジングを行う2つのFREQ、出力音量を決めるLEVELのノブと、OUT 2の音色を切り替えるためのスイッチがあります。

本機は基本的に分厚い音の壁を作るようなディストーションですが、高音域はややギラギラしており、またFREQの効きが良く音色にも幅があります。ただ、全体的には音はこもりがちで、FREQではこれを改善することができないかもしれません。しかし、MDS-1はディストーションとしての性能は十分で、迫力のある歪みを提供してくれる良いペダルです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。