エレキギターの低価格マルチ・エフェクター、アンプ・シミュレーター(BEHRINGER・X V-AMP、ZOOM・G1XN)

5分で読めます。

エレキギター用のエフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたマルチ・エフェクター、アンプ・シミュレーターについて紹介していきます。
Behringer X V-amp Demo

BEHRINGER・X V-AMP

他社を参考にした優れたエフェクターを低価格で提供する、BEHRINGERの低価格フロア用アンプシミュレータ、マルチ・エフェクターがX V-AMPです。アンプ・シミュレーター、マルチエフェクターの中には、PODのように手元で操作するものもありますが、本機はワウやボリューム等を足で操作できるフロアモデルです。
本機は、16種類のアンプ、キャビネットとアコースティックギターのシミュレーターという機能を備えています。そして、これらのアンプを無効にしてバイパスさせることもできるので、音を揺らすコーラスや、空間を再現するリバーブ、音の強さを整えるコンプレッサー、を使用するためのマルチエフェクターとしても使用可能です。
[OTOYA MOVIE] BEHRINGER ギター用マルチエフェクター X V-AMP
また、本機は楽器用の入力端子を1つ、ギターアンプとミキサー用の出力端子を1つずつと、基本的な入出力用端子は備えています。ただ、AUX IN端子とUSB端子を備えていないので、他の音源やPC、DAWとの連携にはミキサーやオーディオインターフェースといった他の機材が必要です。その他、本機はチューナーも内蔵しているので、機能面では当面の間は困らないはずです。
ただ、本機ではボタンの同時押し等で調整するパラメータを変更することになります。この操作方法は高級なアンプシミュレーター、マルチ・エフェクターでも同様ですが、直感的ではないので多少の慣れが必要です。更に、本機は2つのツマミしか備えておらず、ツマミに別の機能を与えるセカンドレイヤー機能等もあるため、多くのツマミを備える高級機より手間がかかります。

X V-AMPは機能・価格面で優秀な良いマルチ・エフェクターですが、その皺寄せは複雑な操作性に及んでいます。この操作性の問題に関しては、Pocket PODのようにPCからパラメータを設定できるようにすれば解決できたのかもしれません。しかしそういった拡張性が省略されているからこそ、X V-AMPはこの値段と性能が両立できているように思えます。
Zoom G1xn Demo, Presets

ZOOM・G1XN

日本の音響機器メーカーZOOMが開発した、低価格マルチ・エフェクターがG1XNです。こちらは2つのツマミ、2つのフットスイッチ、中央のLEDディスプレイを備えており、G1XNとX V-AMPの見た目は良く似ています。しかし、その操作方法や機能は一部が大きく異なります。
まず、本機の最大の特徴はドラムマシンを内蔵していることです。そのため、様々なジャンルのリズムパターンを低速・高速で再生し、それに合わせてギターの練習をすることが可能です。また、本機は一般的なエフェクトとチューナーも内蔵しているので、高級なコンパクトあるいはマルチ・エフェクターにステップアップしたとしても、練習用として末永く使用することができます。
また、G1XNの操作方法はX V-AMPと大きく異なっており、非常に直感的です。手順としては、モードをパラメータを変更するためのエディットモードに切り替え、ツマミを使用して操作するパラメータを決定し、もう一方のツマミでパラメータを調節するだけです。そして、調整するパラメータの数だけこれを繰り返し、不要なエフェクトがあればフットスイッチを利用してオフにします。
Zoom G1XN sound check
その他、G1XNは操作性だけでなくその説明書も非常に親切で、説明を読みながら操作していけば大抵の機能はすぐに使えるようになります。ただ、それぞれの機能を判別するためにはディスプレイのLEDが何を表しているのか覚えておく必要があります。そのため、表示を覚えるまで説明書は手放せません。
本機の弱点としてはリバーブとドラムマシンを併用することができない、というものがあります。そのため、本機のドラムマシンを本番で使用する場合は、アンプのリバーブを使用するといった工夫が必要です。

ちなみに、X V-AMPは750g、G1XNはそれより軽い600gです。持ち運びをする場合、車が出せなければギターもエフェクターも軽い方が圧倒的に楽です。コンパクトで多機能なマルチエフェクターは、そういった移動時にも活躍します。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。