エレキギターの定番オーバードライブ・エフェクター(BOSS・DS-2、MD-2)

4分で読めます。

現代ではエフェクターによる音の加工が様々な場面で行われており、楽器演奏用に開発されたものを含め、色々な機種が売られています。ここでは、エレキギター用に開発されたエフェクターの中で、現行・定番のオーバードライブ・エフェクターについて簡単に紹介していきます。
DS-2 TURBO Distortion [BOSS Sound Check]

BOSS・DS-2

BOSS定番のディストーションDS-1を元に開発された、性質の異なる2種類のターボ・モードを備えたユニークなエフェクターがDS-2です。本機は音量調節のためのLEVEL、高音域を増減させるTONE、歪みの強さを決めるGAIN、そしてターボIとターボIIを切り替えるためのTURBOツマミが搭載されています。
それぞれのモードの音色に関しては、ターボIはあまり音を潰さないオーバードライブ寄りの自然なディストーションで、他の歪みに対するブースターとしても役立ちます。その一方で、ターボIIは中音域を特に強調したディストーションですが、同じく中音域を強調するSD-1とは異なり、非常に癖のある音色となっています。
Boss DS-2 Turbo Distortion Pedal for Electric Guitar
このターボIIは真空管アンプを最大まで歪ませたような音を狙って開発されたものですが、ピックアップの種類や位置によってサウンドが大きく変化します。その音色はワウペダルを途中で止めたような中音域のブーストが特徴なので、特にハムバッキングでは音の好みが分かれそうです。

ちなみに、このターボ・モードはフットスイッチでオンオフを切り替えることができるので、バッキングとリードといった使い分けができるようにはなっています。ただ、ターボIIが気に入るかどうかによって、このフットスイッチ機能の有用性も変わってきます。
MD-2 Mega Distortion [BOSS Sound Check]

BOSS・MD-2

BOSSが開発したディストーションはDS-1やMT-2など数多くありますが、MD-2は2つの歪みを直線的にブレンドすることができる出来る非常に芸の細かいエフェクターです。その機能と音色は、同じように2つの歪みをブレンドできるOS-2と比べると、似ているようで大きく異なります。
Boss Md-2 Mega Distortion Guitar Effect Demo
本機はBOSSの歪み系と同じような操作部を持ちますが、低音域用のイコライザーBOTTOMと、DISTとは異なるもう1つの歪みの強さを決めるGAIN BOOSTを搭載しています。このGAIN BOOSTはDISTとは異なった形で歪みに影響を与えるのが特徴で、DISTは音を潰して粗くしていき、GAIN BOOSTはピッキングやボリュームへの追従性をそのままに音を歪ませていきます。

そのため、本機はBD-2やDN-2のように、ピッキングの強弱を生かした演奏に活用できます。その一方で、本機はBOTTOMによる低音域の強調もできるので、低音弦を刻んでいくヘヴィなリフにも適します。MD-2はTONEとBOTTOM、DISTとGAIN BOOSTによる音作りの幅がかなり広く、様々なジャンルでバッキングからリードまでこなせる非常に汎用性の高いディストーションです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。