ピアノ音源の追加(CV Piano、JapanPiano)

3分で読めます。

比較的最近のキーボードには、midi端子だけでなくUSB端子が搭載されています。そのため、PCと接続してDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)等を利用することで、世界中のミュージシャンやエンジニアが録音・作製した音源を使用することが可能です。
DAWに関しては有料のものがほとんどですが、日本製のMSPや、海外製ですが市販のものと同等がそれ以上の能力を持つReaper(ただしフリーなのはバージョン1.00未満のみ)といったものがあります。
こういったDAWで使用できる追加の音源は有料やドネーションウェアのものも多いですが、無料で気軽に試せるものも多くあります。ここでは、Steinberg’s Virtual Studio Technology(VST)で作られた、気軽に利用できる音源について紹介していこうと思います。
Free VST Piano CVPiano – Best Free Grand Piano

CV Piano


約200MBを誇る大容量、多機能なVSTiピアノ音源がCV Pianoです。ただ、Windows XPではSP2までしか対応しておらず、SP3以降ではインストール時にエラーが表示されます。その一方で、それより上のバージョンのWindows VISTAや7では、互換モードを使用することでインストールが出来る模様です。
CV Piano GVI GigaStudio by Tascam
私の環境ではOSの関係でCV Pianoをインストールすることが叶いませんでしたが、その音質やリアルさ、空気感については定評があります。ただし、その高音質と引き換えにCPUに対してはかなりの負担を掛けるようなので、古いPCでの利用には工夫が必要かもしれません。

Japiano.jpg

JapanPiano


Whitebox提供の非常にシンプルなVSTiピアノ音源がJapanPianoです。操作できるパラメータはエンベロープのリリースのみで、実際に使用する際にはサステイン・ペダルとして役立つようです。また、リリースを上げると音が残るのでCPU使用率が上がっていきますが、最近のPCならほとんど影響はありません。
その音質はやや硬めで、リリースの設定によっても感じ方は変わりますが、基本的にはアタック感のある独特な音色です。ただ、リバーブを用意してかけてみると、ユニークで存在感を失わないにもかかわらず、非常に広がりのある音に仕上げることが出来そうです。そのため、JapanPianoが楽曲の中に埋もれてしまうことはまず無いと言えます。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。