モニタリング用ヘッドフォンの特徴と定番の機種(SONY MDR-CD900ST、CLASSIC PRO CPH7000)

5分で読めます。

スピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンは様々なメーカーによって製造されており、それぞれで音の聞こえ方や得意とする音楽ジャンルが異なります。これらの中で、既存の楽曲をコピーしたり新規の楽曲を制作する場合には、モニタリング用のスピーカーやヘッドフォンが特に役立ちます。

Loudspeaker.arp.500pix.jpg

壁に掛けられたスピーカー
作者 Arpingstone

モニタリング用のスピーカーとヘッドフォンの長所

モニタリング用のスピーカーとヘッドフォンの最大の特徴は、原音を加工せず忠実に再現する能力に秀でており、音の分離が良く様々な楽器の音を同時に聴くことができる点にあります。また、ヘッドフォンの場合は軽くて長時間の使用に優れているといった特徴も備えています。

Audio-Technica_ATH-A500.jpg

装着感に優れるヘッドフォンの1つ、Audio-Technica ATH-A500
作者 RadioActive
世の中には様々な音楽再生機器があり、アンプがあり、スピーカーがあります。各人でこれらが全て一致していることは稀なので、同じ音源を聞いていても多くの人々は大なり小なり違う音を聞いていることになります。そのため、原音を加工せずに忠実に再現する能力は楽曲を制作する側にとっては非常に重要です。
同様に音の分離感も鑑賞する環境によって大きく異なります。ただ、音をより細かくつぶさに聞けるヘッドフォンを使用し、音量や定位のバランスを作り込んでおくと、これらのバランスが破綻する可能性は大幅に減少します。

Stereo_Earphones.jpg

音楽鑑賞できる電子機器に付属していることが多い、インナーイヤー型イヤフォン
作者 SACHEN
また、ヘッドフォンの重さは長時間の作業には大変重要で、眼や耳、肩の疲労感に大きく影響してきます。これらの疲労は耳への疲労に直結するので、できるだけ軽減しておきたいものです。そして逆説的に言えば、これら3点を満たしているスピーカーやヘッドフォンはモニター用として特に優れていると考えられます。
そこで、ここではモニター用ヘッドフォンとしてよく使用されているSONYのMDR-CD900STと、これに良く似た性能を持つと言われているCLASSIC PROのCPH7000について紹介していきます。

SONY MDR-CD900ST

SONY MDR-CD900STは音声を扱うプロフェッショナルに使用されることが非常に多い、コストパフォーマンスに優れたモニター用ヘッドフォンです。音に関して、CD900STは録音された音をそのまま出力するようなフラットさを備えています。また本体は200gと非常に軽く、個人差はありますがパッドは耳にフィットしやすく、アームはそこまで強くはないので、使用していて疲れにくいのも利点です。
そしてプロフェッショナル用を謳っていることはあり、入力される信号に対する上限が高く、再生する周波数帯域は5~30kHzと非常に幅が広くなっています。その上、個体差はありますが基本的には耐久性に優れており、故障した場合でもリペア用のパーツが売られているので自分で直すことも可能です。

ただし、プラグは標準のフォンになっているため、ステレオミニに接続する場合は変換アダプタが必要です。また、優れた品質管理を喧伝しているためなのか、保証は一切無く、初期不良以外は全て有償の修理となるのも特徴です。
[OTOYA MOVIE] CLASSIC PRO スタジオヘッドホン CPH7000

CLASSIC PRO CPH7000

CLASSIC PROは千葉県成田市に本社を置く音響機器のインターネット通販会社、サウンドハウスのブランドの1つです。サウンドハウスは店舗販売を重視するのではなく通信販売に特化しているため、様々な音響機器が安価なことで知られます。そしてこのCPH7000はMDR-CD900STを参考に作られたと言われている、非常に安価なモニター用ヘッドフォンです。
本機は重量240gとやや重めですが、MDR-CD900STと同様に装着感に優れており、音源の分解能も追従する勢いです。その上、標準の端子がステレオミニでフォンに変換するためのアダプタが同梱されているため、様々な機器と簡単に接続することができます。

CPH7000の弱点は、再生周波数帯が10~30kHzと、MDR-CD900STにやや劣ることです。しかし、人の可聴範囲は20~20kHzと言われており、これには個人差があるので数字だけで優劣を決めることはできません。その一方で、本機は価格に関して、15000円程するMDR-CD900STの1/4程の4000円と非常に安価です。そのため、モニター用ヘッドフォンを試してみたいという方にはとても魅力的なアイテムです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。