エレキギター用のコンパクトなエフェクター・システム構築に役立つ、安価なパワーサプライ、ジャンクション・ボックス(MAXON・PD01、CUSTOM AUDIO JAPAN・PBHUB6-C)

3分で読めます。

ギタリストにとって、お気に入りのエフェクターは本当に十人十色で、所持している種類や数は大きく異なります。そのため、エフェクターに電源を供給する方法は色々ありますが、どういったシステムが最適かは人によって変わってきます。そこで、今回は比較的コンパクトなシステムを組むのに役立つパワーサプライ、ジャンクション・ボックスを見ていきます。

MAXON・PD01

エフェクターの製造で世界的に知られる、MAXONの日本製小型パワーサプライ、ジャンクション・ボックスがPD01です。本機は付属の5本のDCケーブルとACアダプタAC310(300mA)により、エフェクター7台にまで電源を供給することが可能です。また、AC310は電圧安定回路を内蔵しており、電圧の変動によるエフェクトの変化や誤作動、電源ノイズを防ぎます。

ただし、PD01の最大の弱点は電源容量(300mA)の少なさです。BOSSのSD-1(消費電流4mA)等のアナログ・エフェクターだけなら、これは特に問題にはなりません。ただ、BOSSのDD-20(最大200mA)等のデジタル・エフェクターを使用する際は注意が必要です。この電流の条件さえクリアできれば、本機ほどコストパフォーマンスに優れたパワーサプライはそうそうありません。

CUSTOM AUDIO JAPAN・PBHUB6-C

PBHUB6-Cは、エフェクターシステム構築のための周辺機器を販売している、CUSTOM AUDIO JAPANのパワーサプライ、ジャンクション・ボックスです。本機は最大で5台まで電源の供給が可能で、5本のDCケーブルが付属しています。また、付属のケーブルは、40、50、70、90、100cmとそれぞれ長さが異なるので、これだけでも様々なエフェクター・ボードに対応できます。

PB12DC9-2.1
ただし、こちらはACアダプタが付属していません。そのため、所持している9Vのアダプタを流用するか、別途購入する必要があります。CUSTOM AUDIO JAPANが推奨しているのは、ライン・ノイズを減少させる特殊フィルター回路を備えた同社製造のPB12DC9-2.1(1300mA)との併用で、これだけの容量があれば電流量で悩むことはありません。

ちなみに、PBHUB6-CとPB12DC9-2.1を組み合わせた価格はおおよそMAXON・PD01と同程度です。そのため、所持するエフェクターによって変わってきますが、エフェクターの接続数を重視するならPD01を、最大電流量を重視するならPBHUB6-CとPB12DC9-2.1を選ぶと良さそうです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。