スピッツ/チェリー

6分で読めます。

メリハリが心地良く、緊張感がすっと入ってくる、優しいコード進行です。

全体

Aメロ
C | G | Am | Em |
F | C | F | G |
C | G | Am | Em |
F G | C Am | F G | C G/B |
サビ
Am Em | F C | Am Em | F C |
Am Em | F C | Am Em | F G C |
Aメロ
C | G | Am | Em |
F | C | F | G |
C | G | Am | Em |
F G | C Am | F G | C G/B |
サビ
Am Em | F C | Am Em | F C |
Am Em | F C | Am Em | F G C |
Cメロ
F | F | Am | Am |
F | F | Am | Am |
G | F | FM7 |
Aメロ
C | G | Am | Em |
F G | C Am | F G | C G/B |
サビ
Am Em | F C | Am Em | F C |
Am Em | F C | Am Em | F G C |
サビ
Am Em | F C | Am Em | F C |
Am Em | F C | Am Em | F G C |

Aメロ

主調:Cの長調

参考音源

コード進行

C | G | Am | Em |
F | C | F | G |
C | G | Am | Em |
F G | C Am | F G | C G/B |

ディグリーネーム

Ⅰ | Ⅴ | Ⅵm | Ⅲm |
Ⅳ | Ⅰ | Ⅳ | Ⅴ |
Ⅰ | Ⅴ | Ⅵm | Ⅲm |
Ⅳ Ⅴ | Ⅰ Ⅵm | Ⅳ Ⅴ | Ⅰ Ⅴ/Ⅶ |

機能

T | D | T | T |
SD | T | SD | D |
T | D | T | T |
SD D | T T | SD D | T D/SD |

分析

Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ

明るくドラマティックな響きです。
様々なヒット曲に使われているカノン進行そのものですね。

Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm→Ⅲm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ

カノン進行の途中から優しい響きが聞こえてきます。
その正体は、ヨンゴーイチロク、Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅵmです。
本来のカノン進行に少し色付けしたようなコード進行なので、よく馴染んでいます。

Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ→Ⅴ/Ⅶ

オンコードにより、最後はアクセントのように響いています。
場面転換の合図ですね。

Bメロ(サビ)

主調:Aの短調

参考音源

コード進行

Am Em | F C | Am Em | F C |
Am Em | F C | Am Em | F G C |

ディグリーネーム

Ⅰm Ⅴm | ♭Ⅵ ♭Ⅲ | Ⅰm Ⅴm | ♭Ⅵ ♭Ⅲ |
Ⅰm Ⅴm | ♭Ⅵ ♭Ⅲ | Ⅰm Ⅴm | ♭Ⅵ ♭Ⅶ ♭Ⅲ |

機能

T D | SD T | T D | SD T |
T D | SD T | T D | SD SD T |

分析

Ⅰm→Ⅴm→♭Ⅵ→♭Ⅲ

打って変わって緊張感のあるコード進行です。
元のコードから5度上のコードに進むのを繰り返しているので、展開感も抜群です。

Ⅰm→Ⅴm→♭Ⅵ→♭Ⅶ→♭Ⅲ

最後は平行長調のドミナント終止により平行長調に戻ってきます。
緊張感もひと段落です。

Cメロ(Dメロ)

主調:Aの短調

参考音源

コード進行

F | F | Am | Am |
F | F | Am | Am |
G | F | FM7 |

ディグリーネーム

♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅰm | Ⅰm |
♭Ⅵ | ♭Ⅵ | Ⅰm | Ⅰm |
♭Ⅶ | ♭Ⅵ | ♭ⅥM7 |

機能

SD | SD | T | T |
SD | SD | T | T |
SD | SD | T |

分析

♭Ⅵ→Ⅰm

短調のサブドミナント終止を繰り返し、暗く厳かな雰囲気が続きます。

♭Ⅶ→♭Ⅵ→♭ⅥM7

サブドミナントが続き、最後まで緊張感のある重たい雰囲気が続きます。
♭ⅥM7は♭Ⅲを含むので、トニックのように振る舞っていますね。

まとめ

Aメロのカノン進行とサビの転調が心地良いです。
また、つなぎの部分に違和感がなく、全体的にも綺麗にまとまっています。
安心して緊張感を楽しむことができます。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。