相川七瀬/夢見る少女じゃいられないのAメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

2分で読めます。

コード進行

C#m | C#m | C#m | C#m |
B | B | C#m | C#m |

ディグリーネーム

Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm | Ⅰm |
♭Ⅶ | ♭Ⅶ | Ⅰm | Ⅰm |

機能

T | T | T | T |
SD | SD | T | T |

分析

今回はC#の短調を主調とした、主要和音トニックⅠmとその直下にある♭Ⅶによるシンプルで攻撃的なコード進行です。まず、コードは主要和音トニックⅠmが4小節続きます。それから、2小節分♭Ⅶが使用され、再びⅠmへと戻ってきます。
ちなみに、平行長調で考えると「Ⅵm→Ⅴ→Ⅵm」はトニックの代理から偽終止を経て再びトニックの代理へと戻っていることが分かります。そのため、コード進行は代理コードを交えたサブドミナント終止でもありますが、偽終止でもあるので力強い響きがやや感じられます。

まとめ

今回のコード進行は非常に演奏性が高く、攻撃的で反抗的なロックらしさがストレートに表現されていました。コード進行を眺めているだけで、歪んだ荒々しいギターのバッキングやベースの音、迫力あるドラムの音が聴こえてきそうです
こういったコードワークの場合は、各楽器が最大限の個性を発揮すること、そしてそれでも全体のサウンドが統一されていることが重要です。そのためには、音作り、定位や周波数帯域のシビアな調整が鍵を握っています。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。