クリスタルキング/愛をとりもどせ!!のAメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

2分で読めます。

コード進行

Em | D | C | D |
Em | D | C | D |

ディグリーネーム

Ⅰm | ♭Ⅶ | ♭Ⅵ | ♭Ⅶ |
Ⅰm | ♭Ⅶ | ♭Ⅵ | ♭Ⅶ |

機能

T | SD | T♭ | SD |
T | SD | T♭ | SD |

分析

今回はEの短調を基調としてⅠから♭Ⅵを往復する、短調らしい暗く情熱的なコード進行です。ただ、実際に登場するマイナー・コードは1小節目のⅠmのみなので、短調らしい情熱的な雰囲気は続きますがそこまでの暗さは無いようです。
ちなみに、「Ⅰm→♭Ⅶ→♭Ⅵ→♭Ⅶ」は平行長調で見ると「Ⅵm→Ⅴ→Ⅳ→Ⅴ」となっています。これはドミナントからのサブドミナントというロックらしい進行とドミナント終止の偽終止を含んでいるコード進行で、全体の雰囲気に大きく関係しているようです。

まとめ

今回のコード進行は、マイナー・コードから始まってダイアトニック上の隣接するコードへと進み、戻ってくるというシンプルな構成となっていました。このコード進行は演奏が簡単で、雰囲気が非常に分かりやすいので、様々な場面で使用できそうです。
また、この進行は4小節毎に戻ってくることができるので、どのコードからでも始めることができます。そのため、メロディとの兼ね合いにより臨機応変にコード進行を組み替えるといったことが簡単に行えます。また、コード進行のイメージは最初に始めたコードにより決まることがあるので、今回のコード進行は見た目以上に様々なことを教えてくれるようです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。