aiko/飛行機のAメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

3分で読めます。

コード進行

G | F#m7(11) | Bm(11) | Aadd9 |
G | F#m7(11) | Bm(11) | Aadd9 |
G | F#m7(11) | Bm(11) | Aadd9 |
G | F#m7(11) | Em | G/A |

ディグリーネーム

Ⅳ | Ⅲm7(11) | Ⅵm(11) | Ⅴadd9 |
Ⅳ | Ⅲm7(11) | Ⅵm(11) | Ⅴadd9 |
Ⅳ | Ⅲm7(11) | Ⅵm(11) | Ⅴadd9 |
Ⅳ | Ⅲm7(11) | Ⅱm | Ⅳ/Ⅴ |

機能

SD | T(Ⅵに対するD) | T | D |
SD | T(Ⅵに対するD) | T | D |
SD | T(Ⅵに対するD) | T | D |
SD | T | SD | SD/D |

分析

今回はDの長調を主調とした、テンションやオンコードが活躍する冷たく鋭い響きのコード進行です。ただ、基本的にはダイアトニック・コードに従っているので、テンションを除けば全体はオーソドックスな進行となっています。
まず、コードは展開感の強い主要和音でサブドミナントのⅣから始まります。次に、2小節目では緊張感をもたらす第11の音が付加されたⅢm7(11)が登場します。このコードはⅢm7とⅢsus4を足しあわせた構成音となっており、鬱屈したような響きが特徴的です。
それから、3小節目ではⅢm7(11)から第7の音を取り払ったコードと似ている、Ⅵm(11)が現れます。このコードもⅥmにsus4の響きが加わったようなもので、通常のマイナー・コード3和音を上回る暗さがあります。
そして、4小節目ではⅤに第9の音が付加されたⅤadd9が登場します。9thはコードに開放感や青や緑といったような自然を感じさせるような雰囲気を与えます。ただ、ここでは2、3小節の暗いコードの影響を受けてその雰囲気は寂しげです。
その後、5~14小節目は1~4小節と同じ進行を繰り返します。そして暗い雰囲気が行き渡った後、最後の15、16小節では変化を予感させる「Ⅱm→Ⅳ/Ⅴ」が現れます。これはトゥーファイブ進行とオンコードを組み合わせもので、サブドミナントとドミナントを混ぜ合わせた終止感があります。ちなみに、Ⅳ/ⅤはⅣadd9を転回させたものでもあり、テンションが用いられているとも言えます。

まとめ

今回のコード進行では、緊張感のあるテンションを用いた刺激的なコードの連続が魅力的でした。こういった強烈な響きはテンション・コードならではのものなので、コード進行に物足りなさを感じたら試してみる価値があります。ただし、ⅠにおけるⅣのように、各コードにはコード構成音の直下の音と半音で接し音を濁らせる、アボイド・ノートがあるので注意が必要です。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。