ROUND TABLE featuring Nino/Let Me Be With YouのAメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

2分で読めます。

コード進行

DM7 | DM7 | GM9 | GM9 |
DM7 | DM7 | GM9 | GM9 |

ディグリーネーム

ⅠM7 | ⅠM7 | ⅣM9 | ⅣM9 |
ⅠM7 | ⅠM7 | ⅣM9 | ⅣM9 |

機能

T | T | SD | SD |
T | T | SD | SD |

分析

今回はDの長調を主調とした、4和音以上のトニックとサブドミナントを繰り返す、明るく眩しいお洒落なコード進行です。
まず、コードは主要和音でトニックのⅠM7から始まり、ⅣM9へと進みます。ⅠM7はⅠとⅢmの構成音を組み合わせたコードにあたり、安定感のある響きの中にほんの少しだけ不安感があります。
一方、ⅣM9はⅣM7やⅥm7、Ⅰといったコードの構成音を含んでいるテンション・コードです。そのサウンドは希望に満ちておりキラキラと眩しく感じられます。しかし曖昧さが強く、はっきりとした意思があまり感じ取れないという側面もあります。
その後、5~8小節目は1~4小節を繰り返し、コードは次のブロックへと進んでいきます。

まとめ

今回のコード進行はシンプルな構成でしたが、テンション・コードによる膨らみのある響きが印象的でした。ダイアトニック・コードで考えると、ナインス・コードのⅠM9、Ⅱm9、ⅣM9、Ⅴ9、Ⅵm9はどれも同じスケールの音を用いて簡単に作ることができます。
そしてそのサウンドに違和感が生じることはあまりありません。そのため、コードに物足りなさを感じたら9度の音を追加してみると上手くいくことがあります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。