aiko/KissHugのBメロでも採用されているコード進行のパターンと分析

5分で読めます。

コード進行

AM7 G#m7 | B/C# C#m |
AM7 G#m7 | B/C# C# |
A#m7-5 D#7 | G#m7 B/C# C#m |
F#m7 G#m7 | Am6 | F#m7/B |

ディグリーネーム

ⅣM7 Ⅲm7 | Ⅴ/Ⅵ Ⅵm |
ⅣM7 Ⅲm7 | Ⅴ/Ⅵ Ⅵ |
♭Ⅴm7-5 Ⅶ7 | Ⅲm7 Ⅴ/Ⅵ Ⅵm |
Ⅱm7 Ⅲm7 | Ⅳm6 | Ⅱm7/Ⅴ |

機能

SD T(Ⅵに対する平行短調のD) | D/T(Ⅴadd9でもある) T |
SD T(Ⅵに対する平行短調のD) | D/T(Ⅴadd9でもある) T |
T(Ⅵmを内包するダイアトニック外のトニック代理、属調の第7のコード、属調の平行短調のトゥーファイブ進行の起点Ⅱm7) D(Ⅲに対するD、属調の平行短調のトゥーファイブ進行のⅤ7) | T D/T(Ⅴadd9でもある) T |
SD T | SD(サブドミナント・マイナー、経過和音、Ⅱdimを含む) | SD/D |

分析

今回はEの長調を主調とした、緊張感と開放感、そして繰り返しの雰囲気があるコード進行です。テクニックとしては、平行短調のドミナント終止、オンコード、ダイアトニック外のトニック代理または属調の借用コード♭Ⅴm7-5、属調の平行短調のトゥーファイブ進行、セカンダリー・ドミナント、経過和音でもあるサブドミナント・マイナーが登場します。
まず、1、2小節目では「ⅣM7→Ⅲm7→Ⅴ/Ⅵ→Ⅵm」というコード進行が現れます。ここでは、サブドミナントから始まることで強い展開感が生まれています。また、ここでのⅢm7は平行短調のドミナントⅤm7として働いており、Ⅴ/ⅥのベースやⅥmと強く結びついています。ちなみに、Ⅴ/ⅥはⅤadd9の転回形でもあり、ドミナントとしてⅥmと偽終止で繋がります。
次に、3、4小節目では「ⅣM7→Ⅲm7→Ⅴ/Ⅵ→Ⅵ」とコードが進行します。このカデンツは基本的には1~4小節目と共通ですが、最後はⅥにより明るい開放感が生まれています。また、次に登場する♭Ⅴm7-5はⅥmを内包しているため、構成音が半音で進みます。これにより、サウンドの劇的な変化が更に強調されることになります。
それから、5、6小節目では「♭Ⅴm7-5→Ⅶ7→Ⅲm7→Ⅳ/Ⅵ→Ⅵm」というコード進行が登場します。このカデンツも1~4小節目を踏襲していますが、登場するコードやリズムが一部異なっています。このうち、♭Ⅴm7-5はⅥmを含むダイアトニック外のトニック代理で、属調の第7のコードにあたります。
そして、♭Ⅴm7-5は属調の平行短調の第2のコードとして機能し、ドミナントである完全4度上(5度下)のⅦ7(Ⅴ7)へと進みます。こうして、ここでは属調の平行短調のトゥーファイブ進行「Ⅱm7-5→Ⅴ7」が成立し、ドラマティックな響きが生まれています。
その後、8~10小節目では「Ⅱm7→Ⅲm7→Ⅳm6→Ⅱm7/Ⅴ」とコードが進行します。このうち、Ⅳm6はサブドミナント・マイナーで、Ⅲm7の根音、短3度、完全5度が半音上昇し、短7度が保続したコードです。また、Ⅳm6は根音、完全5度、長6度が保続し、短3度は半音上と下に分かれ、Ⅱm7/Ⅴへと変化します。これらの接続により、ここでは滑らかで感動的な響きが生まれています。
こうして、最後は曖昧で癖のないドミナントのⅡm7/Ⅴが登場し、コード進行に一区切りが付きます。

まとめ

今回のコード進行では、ⅥmとⅥの使い分け、「♭Ⅴm7-5→Ⅶ7→Ⅲm7」、「Ⅲm7→Ⅳm6→Ⅱm7/Ⅴ」が特に印象的でした。メジャー・コードとマイナー・コードの置き換えは、コード進行の雰囲気を変える最も手っ取り早い手段です。そのため、このテクニックは雰囲気に影響しがちなカデンツの冒頭や末尾でたびたび見かけることができます。
また「♭Ⅴm7-5→Ⅶ7→Ⅲm7」では、♭Ⅴm7-5が応用され、属調の平行短調のトゥーファイブ進行が借用されていました。♭Ⅴm7-5はⅥmを含むダイアトニック外のトニック代理で、属調の第7、その平行短調の第2のコードでもあり、3重の意味を持ちます。そのため、もし♭Ⅴm7-5やⅦ7を登場させる場合は、このカデンツを参考にすると個性的な響きが得られます。
そして「Ⅲm7→Ⅳm6→Ⅱm7/Ⅴ」では、コードの構成音が保続、または半音で進行し、滑らかな接続と感動的な響きが生まれていました。サブドミナント・マイナーにはⅣm、ⅣmM7、Ⅳm7、Ⅳm6があり、これらには転回形と同主短調に基づく代理コードもあります。今回はⅣm6が選ばれましたが、サブドミナント・マイナーは実際には様々な可能性を秘めています。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。