サスフォーコード

3分で読めます。

サスフォーコード(Suspended 4th)は、コードの長3度または短3度を完全4度に釣り上げたコードです。


Cのサスフォーコード。Suspendedは、吊るした、停止した、漂っている、といった意味を持つ。

このコードは3度の音がないので、長短がありません。
しかしその冒険的な響きには強い個性があり、ダイアトニックコードには無い魅力が詰まっています。

まずはCとDmのコードを例に、構成音を見てみましょう。

構成音

C:C、E、G
Csus4:C、F、G

CのコードのEが半音1つ分吊り上がると、完全4度になります。
こうして現れるコードがCsus4です。

Dm:D、F、A
Dsus4:D、G、A

Dmの場合、短3度のFが半音2つ分釣り上がると、完全4度になります。
Dsus4はこうして現れます。

つまり、サスフォーコードは、ルートの音、完全4度、完全5度によって構成されます。

使い方

サスフォーコードは、釣り上げた完全4度が非常に不安定で、3度の音に帰りたがります。
そのため、sus4から元のコードに解決するのが基本的な使い方です。


sus4には、あるべき高さに戻ろうとする力が強く働く。

特に、Ⅰsus4からⅠへの進行はよく使われます。
ただ、音が解決せず不安定なままコードが進行することもよくあります。

サスツーコード

サスツーコード(sus2)とは、長3度または短3度の音を長2度に吊り下げたコードです。
サスフォーコードのように、元のコードに戻ることを予感させる響きが印象的ですね。

また、サスツーコードは別のサスフォーコードの異名同音でもあります。
例えばCsus4とFsus2の構成音を見てみましょう。

構成音

Csus4:C、F、G
Fsus2:F、G、C

それぞれ同じ音を持っていますね。
ついでにCsus2とGsus4も見てみましょう。

Csus2:C、D、G
Gsus4:G、C、D

ちょっと難しいですが、サスフォーコードの完全4度をルートに持ってくると、sus2コードが作れます。

このように異名同音に着目すると、コードの理解はどんどん深まっていきます。

まとめ

サスフォーコードは、刺激的で冒険的な響きが魅力です。
ただし癖が強いので、世界観を壊しかねない危険性もあります。
それでも、作曲や編曲でサスフォーコードがイメージに合うと思ったら、是非使ってみて欲しいです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。